投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

【まとめ】大学生が株式投資を始めるメリット~気をつけるの3つのみ~

今の大学生を襲う2025年問題とは?

日本は、少子高齢化がもたらす人口減少と平均寿命の上昇による人生100年時代の到来という、人類が未だかつて体験したことがない未曽有の時代を迎えようとしています。特に懸念されているのが、人口ボリュームが多い団塊の世代が75歳以上の後期高齢者を迎えることになる“2025年問題”です。

出典:国立社会保障:人口問題研究所

2025年問題によって、社会保障費負担が増大することは確実です。今の大学生は人手不足による売り手市場であることから、関係ないと思うかもしれません。しかし、2025年問題による社会保障費の増大は、給料からの強制天引きという形で、まさにこれから社会に出ていくことになる大学生を襲うことになります。

2015年時点でも日本の国民負担率は44.6%となっています。つまり、給料として稼いだ額の44.6%は知らず知らずの内に税金や社会保険料として徴収されてしまうのです。これからの時代は、給料がいくら増えても社会保障費がそれ以上のペースで増加するため、若者の手取り(可処分所得)は増えません。

給料として稼いだお金は所得税や厚生年金、健康保険料などで40%以上が徴収されてしまう一方で、株式投資やFXなどの投資で出した利益は一律で20%課税となっています。

これからの時代は株式投資のスキルなどを身に付けて、給与収入の他に第二の収入源を確保することが重要になってくることは間違いありません。

 

人生100年時代に大学生が株式投資を始める3大メリット

大学生の内から株式投資をする人が増えています。特に、将来の収入チャネルが増えることによって、自分の好きな仕事をしながら生活できるようになる点が魅力的となっているようです。

人生100年時代に大学生が株式投資をするメリットを見ていきましょう。

収入チャネルが増える

これからの時代はグローバル化が益々進展し、AIが発達することにより、いつ会社が倒産したり、リストラされるか分からない時代に突入していくことになります。

株式投資のスキルがあれば、仮に給与収入が少なくなったとしても、投資からの収入で補えるようになるため、お金に困ることはほとんどなくなります。

収入チャネルが会社からの給与収入だけだと、生きていくためにやりたくない仕事をやらなければいけなくなったり、それによって精神が摩耗して健康にも害を及ぼすといったリスクも生じてきます。

投資のスキルを身に付けて収入チャネルが分散されることによって、好きな仕事をして生活することが可能にもなるのです。人生100年時代には、給与収入だけで生計を立てるのは非常にリスクのある生き方になります。

株式投資に限らず、収入チャネルを増やす努力を大学生の内にしておくのは合理的な人生戦略です。

投資を通して社会のトレンドを知れる

株式投資の勉強をするメリットとして、投資を通して社会で起きているニュースやトレンドを知れることが挙げられます。投資を通して経済や社会を知っておくことは、就職してからも役に立つことは言うまでもありません。

例えば、現在では格安スマホのMVNOは便利なサービスとして社会的に広く知られるようになっていますが、株式市場では2014年から既にMVNOの先駆けである【9424】日本通信が大きな値上がりをして市場を沸かせていました。

株式投資の勉強をしていれば、社会に先駆けてこのような最先端のトレンドを知ることが可能になります。

株式投資で直接利益を上げることには繋がらなかったとしても、株式投資の勉強を習慣化することによって、常に社会の最先端のトレンドに触れられるようになるのです。

自由なキャリアを形成することができるようになる

株式投資のスキルを大学生の内から身に付けておくことによって、株式投資だけで生計を立てる専業トレーダーになる道も切り開かれてきます。専業トレーダーとまではいかなくても、本業と株式投資を両立する兼業トレーダーになることも可能です。

例えば、Youtuberになりたかったとしても、Youtuberとして生計を立てられる可能性は非常に低いというのが現実的な所です。

しかし、株式投資のスキルがあれば、Youtuber兼業トレーダーとして生計を立てることが可能になります。Youtuberに限らず、株式投資のスキルがあれば、どのような仕事であろうと兼業することが可能となります。

どのような仕事であろうと自由なキャリアを形成できるようになることは、大学生の内から株式投資のスキルを身に付けて得られる最大のメリットであると言えます。

 

大学生が株式投資を始める注意点

大学生が株式投資を始めるときの注意点を見ていきましょう。

この中でも特に、いきなり利益を出すことを考えずに経験を積んで生き残ることを重視する姿勢は大事です。大学生はまだ若く、いくらでも株式投資の経験を積めるチャンスがあります。この利点を生かして、株式投資を学んでいくことが重要です。

その1 まずは利益ではなく経験を積むことが大事だと心得る

株式投資で大きな利益を出せるのは魅力的に見えるかもしれませんが、株式投資は人生全体で見て、短距離走ではなくマラソンであると捉えることが重要です。大きな利益を狙ってハイリスク・ハイリターンの銘柄に手を出してしまうと、一発で退場してしまうことも十分にあり得ます。

退職金を貰った高齢者が、株式投資の経験がなかったがためにハイリスク・ハイリターンの銘柄に手を出してしまい、一発で退職金を吹き飛ばしてしまう悲劇は毎年のように繰り広げられています。

大学生の内は、いきなり大きな利益を出すのではなく、継続して経験を積むことが大事です。投資のスキルは若い内から始めれば始めるほど経験が身に付き、また複利の力を享受することができるようになります。

若くして株式投資を経験できているというだけで、将来の財産になっているのです。

その2 大き過ぎるリターンを狙わない

株式投資の経験を積むためには、ハイリスク銘柄に手を出すことを避けて、ローリスクの安全な銘柄から始めることが重要です。具体的には、東証ジャスダック東証マザーズといった新興市場は避けて、東証一部の銘柄だけを手掛けていきましょう。

また、株式投資というとデイトレードに魅力を感じるかもしれませんが、デイトレードは難易度が非常に高くおすすめできません。

ある程度の経験を積んだらデイトレードをしてもいいですが、まず初めの内はスイングトレード長期投資といったリスクが低い投資手法で株式投資を学んでいくことをおすすめします。

ハイリスク銘柄やハイリスクな投資手法には魅力を感じるかと思いますが、大学生はまだ若く経験を積む時間がたくさんあります。経験を積んでからでも決して遅くはありません。

その3 将来に繋がるキャリアの一つだと捉える

大学生の内から株式投資のスキルを鍛えておけば、株式投資だけで生計を立てられる専業トレーダーになることも可能です。しかし、だからといって初めから専業トレーダーを目指すことはおすすめできません。

これからの時代に株式投資のスキルを身に付ける最大のメリットは、収入チャネルが分散化されることによって、どのような仕事であろうと兼業してできるようになることです。

これから就活をするときには、「給料が高いけど、あまりやりたくない仕事」と「給料は普通だけど、やりたい仕事」のどちらかを選ぶか迷うことがあるかもしれません。株式投資のスキルがあって兼業することが可能なら、迷わずに後者を選べるようになります。

このようなことが可能になるため、株式投資のスキルは将来に繋がるキャリアの一つだと捉えておきましょう。

 

【実践】大学生が株投資は難しい?必勝法を勉強しよう

大学生が株式投資を学ぶための具体的な方法を見ていきましょう。これは大学生に限りませんが、株式投資の勉強は、

  1. 経済ニュースを見て基本的なことを学ぶ
  2. ネット証券を開設してチャートを見て学ぶ
  3. 実際の取引をして学ぶ

という過程を経ることをおすすめします。

勉強1:日経新聞などの経済ニュースから学ぶ

日経新聞などで経済ニュースに触れるのは、株式投資をする上での最低限の知識を得るためにも有効な方法です。

https://www.nikkei.com/

また、これは就活の役にも立ち、経済ニュースやトレンドを学んでおく習慣は社会に出てからも役に立つようになります。

しかし、この勉強法では、基本的な経済知識が身に付いたとしても、実際の株式投資ではほとんど役に立たないというのが現実です。新聞のニュース記事になるような情報は、マーケットでは既に出回っている情報であることが多く、株式投資に役立てようとしても遅くなってしまうのです。

経済ニュースに触れておくのは大事なことですが、あくまで基本的な知識が得られるという点にのみ有効な勉強法であるということは抑えておきましょう。

勉強2:ネット証券で株式チャートを見てみる

株式投資を学ぶには、やはりマーケットから直接学ぶ以上の勉強法はありません。

マーケットで様々な銘柄の価格チャートや情報を見るためにも、まずはSBI証券楽天証券などのネット証券に口座を開きましょう。ネット証券は手数料も安く、口座を開設・維持するだけでは手数料なども一切掛かりません。完全ノーリスクで開設することができます。

ネット証券には、SBI証券の「HYPER SBI」やカブドットコム証券の「kabuステーション」などの優良無料チャートツールが多数用意されています。これらの無料チャートツールや各種ランキングなどを使えば、

いま、どのような銘柄が上昇しているのか?
いま、どのようなテーマの株が買われているのか?

などを実際のマーケットの動きから学ぶことができます。

大学生におすすめのネット証券ランキング

第1位:SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/ETGate

SBI証券は、ネット証券の中でも手数料が安く、無料チャートツール「HYPER SBI」も使えるなど、ネット証券の中でも総合的に最もおすすめできるネット証券です。

 

第2位:ライブスター証券

https://www.live-sec.co.jp/

ライブスター証券は、ネット証券の中で最安値の手数料が魅力的です。また、無料注文ツール「livestar R」では場を見ていなくても注文可能なIF注文やOCO注文を使うことができます。

 

第3位:マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、手数料は高いですが、有料チャートツール「マーケットライダープレミアム」が使える他、外国株の取扱数もネット証券の中では随一となっており上級者におすすめのネット証券です。

勉強3:実際に取引をして勉強する

ネット証券を開設して、チャートを見ていると、実際に取引をしたくなることかと思います。ネット証券に入金すれば、すぐにでも株の売買をすることが可能です。

ただ、大きく動いているハイリスク銘柄を手掛けるのは絶対にやめておきましょう。まずは、東証一部の誰もが知ってるリスクが小さい銘柄から売買を始めることが重要です。

実際に取引をしたら、自分自身の売買の記録は日記などの形式で記録しておきましょう。

自身の売買の記録を付けたものは「売買日記」と呼ばれますが、株式投資で上達するにおいて売買日記を付けて見直す習慣ほど効果の高いものはありません。

株式投資も、基本的には学校の勉強と同じです。実際の取引をして学んだことや失敗したこと、改善点などを記録として残しておき、後から見直して改善の役に立てることが重要です。

実際の取引を通して売買日記を付ける習慣が大学生の内に身に付けば、人生100年時代における自由な生活は確立したも同然だと言えます。