投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

【投資手法別】1000万円を資産運用する方法と3つの注意点

1000万円を資産運用する方法は?

1000万円のまとまった資産はあるけど、どうやって資産運用するのがいいんだろう?」と疑問に思っていませんか?

1000万円を資産運用するとしたら、

1000万円を元手に更に増やしたいのか?
1000万円を安全に守りたいのか?

という目的によって運用する方法が異なってきます。

1000万円を増やしたい場合は?

1000万円を元手に運用して、更に1500万円…2000万円…3000万円…と増やしていきたい場合は、ハイリスク・ハイリターンの資産運用をする必要が出てきます。

具体的には、株式投資不動産投資事業投資といった方法が考えられます。

1000万円を守りたい場合は?

1000万円を安全に運用したい場合は、徹底的にローリスクの資産運用をすることが重要です。

具体的には、銀行預金円・ドル・ユーロの3通貨分散ディフェンシブ銘柄への投資といった方法が考えられます。

また、年率3~5%程度のリターンを狙いたい場合は、高配当株投資投資信託といった選択肢も出てきます。

 

1000万円を資産運用するときに気を付けること

1000万円を資産運用する層は少なくないため、金融業界においては熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられているとともに、悪質な金融商品も多く見受けられます。

1000万円を資産運用するときに注意すべきことを抑えておきましょう。

手数料ビジネスに気を付ける

広告上では優良金融商品に思えても、その実態は胴元だけが儲かるようにできている金融商品はたくさんあります。

  • 銀行がすすめる外貨預金
  • 証券会社がすすめる投資信託
  • 保険会社がすすめる生命保険

これらの金融商品は、ネットで買えば手数料が大幅に減らせるケースが少なくありません。

近年は、高額な金融資産を持った顧客を相手に手数料ビジネスを繰り返す回転売買も問題になっており、総額1億円以上の手数料を徴収された人も出てきています。オレオレ詐欺の被害が拡大していますが、高額な金融資産を狙っているのは、何も詐欺グループに限らないのです。

特に、1000万円という額は金融資産としては微妙な金額でありながらも保有している世帯数は少なくないため、詐欺商品が横行しやすい傾向があり注意が必要です。

資産を分散しておく

退職金の3000万円で東京電力の株を買っておいたのに、福島第一原発事故の暴落で10分の1以下になってしまったという高齢者は少なくありません。

1000万円を増やすにせよ守るにせよ、分散投資をしておくのは資産運用の基本となります。

1000万円を増やすんだったら、分散投資ではなく集中投資すべきでないのか?」と思うかもしれませんが、それは間違いです。分散投資せずに1000万円を増やす強気の投資をするのと、分散投資してリスクヘッジしながら強気の投資をするのとだったら、成功確率が天と地ほど違います。

どのような投資をするにせよ、リスクは小さいに越したことはありません。リスクは完全にゼロにすることはできませんが、コントロールすることができます。

分散投資は、リスクをコントロールするための最も確実な方法です。金融商品を買う際には、分散投資を意識するようにしましょう。

ハイリターン商品はリスクも大きいことに気を付ける

金融商品は、リターンが大きければ大きいほどリスクも大きくなります。これには一切の例外はありません。もしも、ノーリスク・ハイリターンの金融商品があったら、その情報が知られた時点で買いが殺到するため、そもそも買うことができません。

1000万円を運用するにあたって、「金融商品はリターンが大きければ大きいほど、リスクも大きくなる」という原則を心に留めておくことは非常に重要です。

なぜなら、この原則を認識しておくことによって、リスクをコントロールする姿勢が生まれることと、詐欺に遭いづらくなるためです。

「元本割れ保障」をしつつ高いリターンを謳った詐欺商品はたくさんあります。そのような詐欺に遭わないためにも、「リターンが大きければ大きいほど、リスクも大きくなる」という絶対的な原則を心に留めておくことが重要です。

 

【投資手法別】1000万円を株式投資で運用するとしたら?

1000万円を株式投資で運用するとしたら、いくつかの投資方法が挙げられます。ここでは、投資手法別のメリット・デメリット、手数料、目標年利、保有期間について見ていきましょう。

特に、1000万円を増やしたい場合はスイングトレード成長株投資ロボアドバイザー、1000万円を守りたい場合は高配当株投資ETFがおすすめです。

スイングトレード

スイングトレードは、数日から2週間に渡って株式を保有する短期売買です。1週間で3%前後の利益をコツコツと積み上げていくイメージとなります。

スイングトレードのメリット
スキルがあれば高いリターンを得られ、訓練を積みやすく学習しやすい

スイングトレードのデメリット
場を見られないサラリーマンにとってはやや不利

スイングトレードに掛かる手数料は、1回の売買で1000万円の半分の500万円分の取引を行うとしたら、SBI証券では921円(税抜)となります。1日1トレード・年間200トレード行うとしたら、手数料だけで20万円近くになります。

スイングトレードの目標年利は、実力次第では年率30~50%以上も可能ですが、こればかりはスキルに左右されるとしか言いようがありません。

成長株投資

成長株投資とは、これから大きく上昇すると思われる銘柄を数ヶ月から1年以上に渡って保有する方法です。株式投資の中でも王道的な投資であると言えます。

成長株投資においては、1年間で10倍以上の爆発的な上昇を遂げる銘柄があります。このような株は「テンバガー」と呼ばれます。

成長株投資のメリット
成功すれば大きなリターンが得られ、長期投資のため場を見ることができないサラリーマンでも容易に実践できる

成長株投資のデメリット
収益が安定しないため、5~10銘柄に分散投資をするのは必須

手数料は、1銘柄100万円を10銘柄ずつ買う場合だと、SBI証券では487円(税抜)が10銘柄分となります。

目標年利は、年率-20%~+100%程度を目安にしておくといいでしょう。

高配当株投資

高配当株投資とは、値動きリスクが小さく配当利回りが大きいディフェンシブ銘柄を長期投資するものです。

株式投資の利益には、値上がり益(キャピタルゲイン)と配当金(インカムゲイン)の2つがありますが、高配当株投資は値上がり益によるリスクを小さくしたうえで、配当金を大きく得るものです。

代表的なディフェンシブ高配当株としては、【7201】日産自動車【2914】JT【9437】NTTドコモメガバンク株などが挙げられます。

高配当株投資のメリット
ディフェンシブ銘柄を選んで投資するため、リスクが小さい

高配当株投資のデメリット
大きなリターンが得られない

手数料は、1000万円を200万円ずつ5銘柄に分散投資するとしたら、SBI証券では921円(税抜)が5銘柄分掛かります。

目標年利は、配当金だけで約3~5%となります。高配当株投資では値上がりによるリターンは期待せず、値上がり益はプラマイゼロと考えることが重要です。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、2018年から登場したAI型資産運用サービスです。

ロボアドバイザーのメリット
資産運用のスキルや知識がなくても、AIが自動で商品を選んで運用してくれる

ロボアドバイザーのデメリット
手数料が高く、全てをAIに一任することになるため自分自身の資産運用スキルが身に付かない

ロボアドバイザーサービス大手の「ウェルスナビ」(https://www.wealthnavi.com/)では、5種類のリスク許容度の中から1つを選ぶだけで簡単に投資することが可能になっています。1000万円を増やしたい場合はリスク5を、1000万円を守りたい場合はリスク1を選択するとよいでしょう。

ウェルスナビの手数料は預かり資産の1%となっているため、1000万円運用した場合には年間10万円(税抜)の手数料が発生します。

ウェルスナビの目標利率は、最もリスクが小さいリスク許容度1では30年後に元本が2倍になる確率は約50%、最もリスクが大きいリスク許容度5では30年後に元本が2倍になる確率は約80%となっています。

ETF(上場投資信託)

ファンドに運用してもらう投資信託は、長期投資の王道とも言える金融商品ですが、手数料が高いことがネックになっています。

そこでおすすめしたいのが、ETF(上場投資信託)です。ETFは投資信託でありながら、売買に掛かる手数料は上場株式と同じであるため、ネット証券を使えば安く買うことができます。

下の図は、日経平均の値動きと連動している【1321】日経225連動型投資信託の月足チャートです。

ETFのメリット
投資信託と比べて手数料が安い

ETFのデメリット
個別株に比べるとローリスク・ローリターン

ETFに掛かる手数料は、SBI証券なら1000万円分のETF購入に発生する手数料は921円(税抜)となっています。

ETFの目標利率は、ETFによって違いますが、【1321】日経225連動型投資信託なら年率-5~+10%程度が目安となります。

 

1000万円を株式投資しても大丈夫なの?

1000万円を株式投資する」というと危険なイメージを持たれるかもしれません。

もちろん、新興銘柄のようなハイリスク銘柄に1000万円を集中投資するのは非常に危険です。1億円になる可能性もありますが、100万円にまで暴落する可能性もあります。

1000万円を株式投資する場合に重要なのは、何度も繰り返すことになりますが、分散投資に尽きます。

東証一部の誰もが知っている銘柄なら、上場廃止となって紙くずになる可能性は限りなくゼロに小さいです。ただ、東芝が粉飾決算を起こし、シャープが一時倒産寸前となるなど、今や大企業であっても未来は見えない時代です。

そのため、1000万円を株式投資する場合は、東証一部の誰もが知っている銘柄に分散投資しておくことで、より安全性が増します。

例えば、【7203】トヨタ自動車【9437】NTTドコモ【6758】ソニーなどに分散投資しておけば安全となります。もしくは、日経平均連動型のETFを買うというのも手です。

いずれにせよ、東証一部の誰もが知っている銘柄に分散投資しておけば、1000万円が大きく目減りするということはありません。

また、何も1000万円の内の全額を株式投資で運用する必要もありません。半分の500万円は銀行預金しておき、半分の500万円だけを投資に回すというような柔軟性を持つことも重要です。

 

【運用シミュレーション】1000万円を10年間運用したら?

1000万円を10年間運用したら元本はどの位まで増えるのかを、税引き後年率ごとに見ていきましょう。

なお、仮に利率0.1%の銀行に預金した場合には、1000万円は10年後には1010万円になっています。

年率5%で10年間運用した場合

1000万円を年率5%で10年間運用すると、10年後には1628万円となります。

高配当株投資やロボアドバイザーで低リスク運用、ETFで運用した場合は、この程度の運用益が期待されます。ただ、ロボアドバイザーの場合は手数料がネックになるため、ややこれよりは落ちるものと見られます。

代表的なETFである【1321】日経225連動型投資信託は、2013年12月から2018年12月までの5年間で16620円→20580円と+23%になっており、10年間で見ると+50%に近い利回りが期待されます。

年率10%で10年間運用した場合

1000万円を年率10%で10年間運用すると、10年後には2593万円となります。

高配当株投資で値上がり益も得られた場合やロボアドバイザーで高リスク運用した場合、ETFで運用して好調に推移した場合には、この程度の運用益が期待されます。

年率10%が10年間続くというのは現実的ではありませんが、10年間の間に1年でも爆発的に上昇した年があれば不可能ではありません。

現に、代表的なETFである【1321】日経225連動型投資信託は、2013年12月から2018年12月までの5年間で見ると+23%となっていますが、アベノミクス相場を含んだ2012年12月から2018年12月までの6年間で見ると、10630円→20580円と+93%となっています。

年率30%で10年間運用した場合

1000万円を年率30%で10年間運用すると、10年後には1億3785万円となります。

スイングトレードや成長株投資なら、年率30%で運用するのも決しては不可能ではありません。しかし、これだけの運用成績を長年に渡って出すには、相当の訓練を積む必要があります。

ハイリスクの資産運用を本気で学んで1000万円を増やしたい場合は、この程度のリターンが得られる可能性があることをモチベーションに頑張っていきましょう。

 

【結論】1000万円のおすすめポートフォリオ!

1000万円を運用する目的ごとに最適な運用方法と、おすすめポートフォリオを見ていきましょう。

1000万円を元手に更に増やしたい!
1000万円を安全に守りたい!

いずれにおいても分散投資を心掛けてリスクヘッジしながら資産運用していくことが重要になります。

1000万円を増やしたい!

1000万円を元手に更に資産を増やしたい場合は、短期投資が好きならスイングトレード、長期投資が好きなら成長株投資をすることをおすすめします。1000万円全てを使って株式投資をしつつも、その中で分散投資をすることが重要です。

ただし、最低でも株式投資の経験が5年以上はあることが条件です。

株式投資の経験がないなら、株式投資の経験を積むために1000万円の内から300万円を使って、株式投資の経験を積むことをおすすめします(残り700万円はキャッシュポジションにして銀行預金しておくことを推奨します)。

株式投資の経験がないにも関わらず、いきなり1000万円を全額使ってハイリスク銘柄への投資を始めることだけは絶対にやめておきましょう。

また、株式投資の経験がない場合は、初心者でも利益を出しながら経験を積める投資顧問サービスの利用を検討してみることをおすすめいたします。最終的には独学で資産運用できる状態を目指すとしても、投資顧問サービスを利用することによって、最短ルートで資産運用のスキルを学ぶことが可能になります。

1000万円を守りたい!

1000万円を安全に守りたいなら、銀行預金をするか、円・ドル・ユーロの3通貨に分散投資をすることをおすすめします。円・ドル・ユーロの3通貨に分散投資するときは、手数料が安いFX取引で行うことをおすすめします。

1000万円を守りつつも、銀行預金よりは高い利息を得たいなら、高配当株投資をして配当金目的の長期投資をするか、リスクが小さいETFを長期保有することをおすすめします。

やはり、いずれの場合も分散投資しておくことが重要です。

高配当株投資をする場合には、配当利回りが3%以上のディフェンシブ高配当株5銘柄ほどに分散としておきましょう。ETFを長期保有するとしても、日経平均連動型のETFだけだとリスクがあるため、株式以外の連動型ETFを組み合わせるようにしましょう。

また、銀行預金(キャッシュポジション)は、お金を守る金庫の役割を果たす金融商品として活用していきましょう。銀行預金33%、高配当株33%、ETF33%のような守りのポートフォリオを組むのも賢い方法です。