投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

【億り人】資産1億円の資産運用とは?~資産運用だけで暮らす方法~

1億円を資産運用する方法は?

野村総合研究所が発表した調査結果によると、1億円以上の純金融資産を保有する世帯数は日本で127万世帯に上っています。
※出典:[PDF]野村総合研究所

1億円の資産を保有する世帯はわずかですが、1億円の資産があると、資産運用の難しさという新たな悩みの種が生じてきます。

1億円を資産運用するにも、

1億円を更に増やしたいのか?
1億円を安全に守りたいのか?

という目的によって運用する方法が異なってきます。

1億円を増やしたい場合は?

1億円を元手に運用して、1億1000万円…1億2000万円…1億3000万円と更に増やしていきたい場合は、リスクを取った資産運用をする必要が出てきます。

具体的には、株式投資不動産投資事業投資などの方法が考えられます。

1億円を守りたい場合は?

1億円を安全に運用したい場合は、ローリスクの資産運用を心掛ける必要があります。

この場合は、銀行預金ドル・ユーロへの3通貨分散ディフェンシブ銘柄への投資といったローリスク資産に分散することが重要です。

 

1億円を資産運用するときの注意点

1億円を資産運用するとなると、1000万円や2000万円の運用をするときには生じてこなかったいくつかの障害が出てきます。

1億円は大金ですが、オレオレ詐欺金融詐欺に引っ掛かってしまうと簡単になくなってしまうというのが現実です。

株の短期売買には向かない?

デイトレードやスイングトレードなどの短期売買で、1000万円を10倍にして億り人になった人は少なくありません。

しかし、1000万円ではなく1億円を短期売買することになると難易度が上がります。1億円の玉で短期売買するとなると、株数を買い集めるだけでも一苦労となり、扱う金額が増えることにより精神的な負荷が増すからです。

1億円を株式投資で運用するとしたら、1000万円単位の小分けにして短期売買をするか、分散投資して長期で保有するかのいずれかになります。

株式投資は扱う金額が多ければ多いほど有利になると言われますが、それはあくまで長期投資に限った話であり、短期売買で1億円を運用するのは非常に難しいというのが実態です。

複数の資産に分散すべき

1億円の資産運用をするとき、全ての資産を1つの金融資産に集中することはリスクとなります。最低でも、2種類以上の金融資産に分散することが重要です。

株式投資をするとしても、1億円全てを株式口座に振り分けるのではなく、銀行預金に5000万円ストックしておき、株式口座には5000万円入れるというように、資産そのものの分散投資を行う必要が生じてきます。

また、銀行預金と日本株だけで1億円運用するには、日本円の暴落リスクがあるため、外貨にも資産をヘッジしておく必要性も生まれてきます。

1億円を安全資産とリスク資産の2つに分散するとなると、

  • 日本円の銀行預金に2500万円
  • ドル・ユーロに2500万円
  • ローリスク株式に2500万円
  • ハイリスク株式に2500万円

上記のように、分散するポートフォリオが考えられてきます。

詐欺に遭うリスクが急増する

オレオレ詐欺を始めとする特殊詐欺は年々増加傾向にあり、2017年の1年間だけでも被害額は390億円に上っています。

詐欺グループは、お金がある世帯を狙って詐欺を仕掛けているため、1億円の資産を保有すると詐欺に遭うリスクも急増します。特に多いのが、不安を煽ってお金を振り込ませるように仕向けるパターンです。詐欺グループは感情を煽る術に長けているため、注意が必要です。

オレオレ詐欺被害者の9割以上が65歳以上の高齢者となっており、「私は絶対に大丈夫」と思っている人ほど被害に遭いやすい傾向があります。

オレオレ詐欺は、家族を名乗り、家族への愛情を煽ることによりお金を騙し取るものです。普段から家族と頻繁にコミュニケーションを取っておくことが、オレオレ詐欺の防止にも繋がります。

手数料ビジネスにも注意

1億円の金融資産を狙っているのは、何も詐欺グループに限りません。銀行証券会社などでもノルマが課せられており、虎視眈々と高額金融資産を持つ世帯を狙っています。

例えば、銀行や証券会社が販売する投資信託や外貨預金はネットで買えば手数料がほとんど掛からないにも関わらず、手数料で割高の投資信託や外貨預金を買わされてしまい、手数料で利益が相殺されてしまっている人は少なくありません

特に近年、社会問題になっているのが、店舗型証券会社が行う回転売買です。

回転売買とは
ネット証券を利用できない高齢者を対象に、推奨する株や投資信託を繰り返し買わせて手数料を稼ぐことを目的とした手法

回転売買によって1億円以上の手数料を払わされることになった被害者も出ています。

 

1億円はどのような資産でリスクヘッジすべき?

1億円を資産運用するにあたっては、安全資産・リスク資産を使い分けて分散投資しておくことが重要です。

安全資産としては、銀行預金外貨ゴールドなどがあります。リスク資産としては株式不動産が挙げられます。

銀行預金

銀行預金は、お金を守る金庫としての役割を果たすディフェンシブ金融資産としては、これ以上ないものです。バブル崩壊以降のゼロ金利によって利子はほとんど付きませんが、お金を守る上では、これ以上確実な運用方法はありません。

また、もしも銀行が経営破綻した場合でも、ペイオフ制度によって1000万円までの預金が確実に保護されます。

ゆうちょ銀行3大メガバンク(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行)の4行に1000万円ずつ預金しておけば確実です。

2016年2月に日銀がマイナス金利政策を始めて以降、銀行の収益が悪化しており、ATM手数料だけではなく口座維持手数料の徴収を検討し始めているいうニュースも出てきています。

しかし、それでもお金を守る上では、銀行預金ほど確実な運用先はありません。

株式

株式は、お金を守る上でもお金を増やす上でも、必ず活用することになる金融資産です。

株式銘柄には、電力株や鉄道株などのローリスク・ローリターンのディフェンシブ銘柄から、新興銘柄や半導体株、AI株などのハイリスク銘柄があります。また、配当金が多く貰える高配当株への投資も、1億円の運用先としては有望です。

運用目的によって、ディフェンシブ銘柄やハイリスク銘柄、高配当株を使い分けて運用していくことが重要になります。

しかし、株式投資の経験がないと、どの銘柄を選んでいいのかが全く分からないことかと思います。株式投資の経験がない場合は、わずかな利益を出しながら効率的に株式投資について学べる投資顧問サービスに登録してみることも一つの手です。

外貨

銀行預金は最も安全な金融資産ですが、日本が財政破綻することになり日本円が紙くずになってしまった場合は、ハイパーインフレとなり銀行預金はその役目を果たせなくなります。

ハイパーインフレとなった場合は、銀行預金で全資産を持っており、収入が年金しかない高齢者が貧窮することになります。労働収入がある現役世代はハイパーインフレに伴って収入も増えますが、年金収入は一定のままだからです。

日本の財政破綻から資産を守る方法としては、資産を株式や不動産、外貨で持つことが挙げられます。特に、円資産である銀行預金に加えて、ドル・ユーロを持っておけば確実です。

ただ、銀行のドル・ユーロでの外貨預金は手数料ビジネスになっているため、手数料が掛からないFX口座でドル・円、ユーロ・円を買い建玉しておくことを推奨します。

不動産

不動産も、万が一にも日本がハイパーインフレに見舞われた場合に強い資産となります。

ただ、素人が下手に不動産投資に手を出すのはおすすめできません。かつての高度経済成長期からバブル期に掛けては、不動産価格が値上がりしていたため、不動産は資産となっていました。

しかし、現在の日本は人口減少が進み、また空き家が増えているにも関わらず新築住宅の建築ラッシュが続いていることから、資産としての不動産には疑問符が付く状況になりつつあります。

東京首都圏の不動産を除いては、これからの日本で不動産価格が上場する余地はほぼありません。そのため、プロの不動産投資家でなければ、資産形成目的で不動産を保有するのはおすすめできません。

ゴールド

ゴールド(金)は、安全資産として世界中の富裕層に人気の貴金属です。ゴールドは、化学反応を起こさずに価値を保存でき、また世界で採掘できる量に限りがあるため、確実に価値を保存することができます。

財政破綻で通貨価値が暴落しようが、世界経済リスクが表面化して株式市場が大暴落に見舞われようが、希少価値に担保されるゴールドの価値は絶対的なものです。このため、ゴールドは世界経済リスクが表面化すると大きく買われる傾向があります。

ただ、ゴールドバーを買って自分で保管するとなると盗難リスクが生じることになります。

ゴールドを買うには先物市場でゴールドを買うか、世界のゴールド価格に連動するETFである【1326】SPDRゴールドシェアを買うことを推奨します。

 

【徹底検証】1億円あれば運用だけで暮らすことは可能か?

資産の運用益だけで暮らす不労所得生活には、誰もが一度は憧れます。1億円あれば、運用益だけで暮らすことが可能かどうかを検証してみました。

高配当株投資ETFロボアドバイザーの順に、他人に任せる資産運用となりますが、運用益はこの順番に落ちていくことになります。

高配当株投資

配当利回りが3%以上ありかつ価格変動リスクが小さいディフェンシブ銘柄を「高配当株」と呼びます。

代表的な高配当株

  • 自動車大手の【7201】日産自動車
  • たばこ大手の【2914】JT
  • メガバンクの【8411】みずほ銀行
  • 携帯キャリアの【9437】NTTドコモ

 

2019年2月現在の配当利回り

日産自動車約5.9%
JT約5.3%
みずほ銀行約4.3%
NTTドコモ約4.2%

つまり、1億円をこの4銘柄に分散投資して、それぞれ2500万円ずつ保有したとすると、日産自動車株からは約147.5万円、JT株からは約132.5万円、みずほ銀行株からは約107.5万円、NTTドコモ株からは約105万円の配当金が得られ、合計では約492.5万円の配当収入が得られることになります。

配当収入に発生する税金は20.315%であるため、手取り額は約392万円となります。高配当株投資をすれば、1億円の運用益だけで暮らすことは十分に可能であると言えます。

ETF

高配当株を個別に選ぶのではなく、投資信託として買うという選択肢もあります。

投資信託は、個人投資家に人気の金融商品となっていますが、その多くが銀行や証券会社の手数料ビジネスとなっていることから、手数料を差し引いて利益を出せている人は少なくなっています。

近年は、株式市場などの金融商品取引所に上場している上場投資信託(ETF)も人気となっており、手数料が安いことが最大のメリットとなっています。

不労所得を実現するETFとしては、日経平均採用銘柄の中でも高配当株で構成される【1489】NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数がおすすめです。

日経平均高配当株50指数の分配金は年3.62%となっており、2018年の実績は3.03%となっています。また、信託報酬は0.28%となっています。

つまり、1億円を同ETFで運用した場合は、年間362万円の配当金が得られることになり、配当金に掛かる税金は約73万円、信託手数料は28万円より、手取り収入は約261万円となります。

高配当株を自分で選ぶよりは収入が下がりますが、それでも1億円の運用益で暮らすことは十分可能だと言えそうです。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、AIが自動で資産運用をしてくれるサービスです。

ロボアドバイザーサービスとしては、「ウェルスナビ」(https://www.wealthnavi.com/)と「テオ」(https://theo.blue/)の2社が知られています。

ロボアドバイザーの利点は、資産運用の知識がなくても、AIに任せて資産運用ができることです。「ウェルスナビ」では、5つのリスク許容度の中から1つを選ぶだけで簡単に資産運用を任せることが可能です。

それでは、ロボアドバイザーに1億円の投資を任せれば、永遠に不労所得を得る生活が可能となるのでしょうか?

残念ながら、それは厳しいようです。ロボアドバイザー各社の運用成績は、2018年後半の米中貿易摩擦による世界株安の影響で大きな打撃を受けています。もしもロボアドバイザーに1億円の資産運用を任せていたら、2018年には損失を出していた可能性が大きいです。何より、ロボアドでは配当金が入ってこない点もマイナスポイントです。

また、ロボアドバイザーは手数料が高額である点もネックになります。例えば、「ウェルスナビ」では運用額の1%(税抜)が手数料として取られるため、1億円を預けたら年間108万円の手数料が徴収されます。

 

【結論】1億円の最適ポートフォリオ!

1億円を運用する目的ごとに最適な運用方法と、おすすめポートフォリオを見ていきましょう。

1億円を元手に更に増やしたい!
1億円を安全に守りたい!

いずれにおいても金融資産ごとに資産を分散することが重要になります。

1億円を増やしたい!

1億円を元手に更に資産を増やしたい場合

  • 銀行預金に1000万円
  • ドル・ユーロで1000万円ずつ保有
  • 残り7000万円で株式投資

株式投資7000万円の内、4000万円を高配当株などの安全な銘柄で保有し、残りの3000万円はややリスクのある銘柄に投資してもよいでしょう。

銀行預金・ドル・ユーロは安全資産であるため年率0%、安全銘柄は年率3%、リスク銘柄は年率6%程度のリターンが可能とすると、1億円は10年間で約1億3800円まで増える可能性があります。

ただし、株式市場の動向次第では1億円を割り込む展開もあり得ます。リスクを小さくしたい場合はリスク銘柄を減らして、安全銘柄や銀行預金に振り分けるとよいでしょう。

なお、株式投資をするにしても、最低でも株式投資の経験が5年以上はあった方がいいです。

もしも株式投資の経験がなかったら、1000万円だけを株式投資の経験を積むために使い、残りの資産は銀行預金とドル・ユーロで安全に保管しておくことをおすすめします。

また、株式投資の経験がない場合は、初心者でも利益を出しながら経験を積める投資顧問サービスの利用を検討してみることをおすすめいたします。

学ぶ時間を短縮するためには、上級者から学ぶことが合理的です。最終的には自分の手で株式投資をするにしても、投資顧問サービスを利用することによって、最短ルートで資産運用のスキルを学ぶことが可能になります。

1億円を守りたい!

1億円を安全に守りたい場合

  • 銀行預金(円預金)・ドル・ユーロの3通貨に分散

ドル、ユーロを外貨として保有するときには、手数料が安い「GMO クリック証券」(https://www.click-sec.com/)や「DMM FX」(https://fx.dmm.com/)などの大手FX取引所でドル建て、ユーロ建てしておくことをおすすめします。

このポートフォリオは、銀行預金(円資産)で1億円を保有している場合に比べると、円高となれば円で見た資産は目減りしますが、円安となれば資産は増加します。仮に10%円高になったとしても、外貨保有分6666万円の10%となる666万円の含み損で済みます。

1億円を守りつつも銀行預金よりは高い利息を得たい場合

  • 資産の3分の2で銀行預金(円)・ドル・ユーロの3通貨分散を維持
  • 資産の3分の1を配当金が得られる高配当株で運用

銀行預金・ドル・ユーロは安全資産であるため年率0%、高配当株からは年率3%のリターンが得られると仮定すると、1億円は10年間で約1億1000万円まで増える可能性があります。

高配当株を選ぶポイントとしては、配当利回り3%以上の銘柄の中から、価格変動リスクが小さいボラティリティーの小さい銘柄を選ぶことが重要です。ただし、高配当の新興銘柄は減配・無配リスクがあるため選ばないように注意しておきましょう。

高配当株を選ぶポイントが分からなければ、高配当株で構成されたETFである【1489】NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数を買っておいてもいいですが、個別株で選べるに越したことはありません。

高配当株選びは簡単なように見えますが、ある程度の株式投資の経験がないとそう簡単にはいかないというのが実情です。