投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

【最後のチャンス】40代から始める資産運用!40代のおすすめポートフォリオとは?

40代から始めても資産運用は間に合う?

40代から資産運用を始めても、もう老後資金の形成には間に合わないんじゃないの?」と躊躇する人は少なくありません。

ただ、ニュースでも流れてきているように、日本政府は年金支給年齢を70歳まで引き上げると同時に定年退職年齢を70歳まで引き上げるよう企業に要請しています。

また、平均寿命の向上とともに、健康に日常生活を過ごせる健康寿命も向上しており、2016年時点の健康寿命は男性72.14歳女性74.79歳となっています。

資産運用というと定年退職を迎える60歳までに行うことが一般的でしたが、定年退職・年金支給年齢が70歳になり、60歳を超えてもまだ元気な現代では、資産運用は70歳までに行うことが一般化しつつあります。

資産運用は70歳までと考えたら、40代から資産運用を始めても十分に間に合います。

むしろ、40代から資産運用を始めておかなければ、これからの日本で充実した老後を送るのは困難になるというのが現実です。

40代はマイホームの購入や子供の教育費など、お金が最も必要となる年代です。しかし、その一方で30代に比べて給料も高くなることから、資産運用を始めるには最適な年代であると言えます。

40代から資産運用を始めて、人生100年時代を乗り越えていきましょう!

 

40代から資産運用を始めるメリット

40代はマイホームの購入や子供の教育といったお金が最も掛かる年代ですが、そんな多忙な40代から資産運用を始めておくことは人生100年時代において大きな財産となります。

40代から資産運用を始めるメリットを見ていきましょう。

豊かな老後を送るための資産形成に繋がる

2017年度の「家計調査報告(二人以上の世帯)」によると、老後に必要な生活費は60~69歳以上の世帯では月290,084円、70歳以上の世帯では月234,628円となっています。
※出典:[PDF]総務省統計局

一方で、「平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金の平均年金額は65歳以上の男性は月174,535円、65歳以上の女性は月108,776円となっています。
※出典:[PDF]厚生労働省

この2つのデータを見ると、厚生年金だけで老後生活を送ることはギリギリ可能に見えます。しかし、これからの日本では人口減少と高齢化によって年金財政は年々厳しくなってきます。

特に、70歳を超えてくると病気しがちになり医療費が多く掛かるようになってきます。日本の社会保障制度は崩壊寸前であるため、現在は75歳以上の医療費負担は1割になっていますが、3割負担になるのも時間の問題です。

これからの日本の将来を考えたら、厚生年金だけではとてもやっていけなくなるのは明らかです。豊かな老後を送るためには、資産運用をして自己防衛するしかないのが厳しい現実です。

投資は趣味の一環にもなる

老後にはお金の不安もあるかもしれませんが、同じく問題になってくるのは、暇な時間が増えてくることです。暇で何もせずにテレビを見るだけの生活になると、老化速度は急激に早まることになります。

資産運用を始めとする投資は、社会のトレンドをいち早く知る勉強も兼ねます。

例えば、昨今の経済ニュースではキャッシュレス化が一大トレンドになっており、政府も消費税増税に伴い中小企業でキャッシュレス決済をした場合に5%還元する方針を示しています。

株式市場においてもキャッシュレス化は大きなテーマとなっており、クレジットカード決済やQRコード決済といったキャッシュレス化関連銘柄は大きな値上がりとなっています。

投資を学ぶことは社会のトレンドを学ぶことにも繋がります。投資を学び、社会のトレンドをいち早く学ぶことになれば、日常生活における消費行動にも影響が出てくることになるため、最新の製品やサービスに触れる機会が多くなります。

このような習慣が本業にも良い影響を及ぼすのは言うまでもなく、老後も投資を続けていれば老化の予防にも役立ちます。資産運用はお金の不安を解消してくれるだけではなく、いつまでも若さを保てる趣味の一環にもなるのです。

 

40代が資産運用を始めるポイント

40代は給料や資産も増えてくることから、資産運用を始めるには絶好の年代です。しかし、お金をたくさん持っているがゆえに大きなリスクを抱えることにもなります。

40代が資産運用を上手に始めるためのポイントや注意点を見ていきましょう。

リスクを取り過ぎない

40代は、20代や30代に比べて給料や資産が多くなるため、資産運用を始めやすいという利点があります。しかし、この利点は多くの場合、大きなリスクにもなります。

まだ若い20代や30代の内に投資を始めると、扱えるお金も小さいため大きなリターンを得ることもできませんが、その反面、失敗したときの損失額も小さくなります。

しかし、大きなお金を投資できる40代は、得られる可能性のあるリターンも大きくなりますが、失敗した場合のリスクも大きなものになります。

社会経験の有無は投資の経験とは全く無関係であるのが現実です。20代だろと40代だろうと60代だろうと、投資経験がなければマーケットでは同じ素人です。

そして、投資では誰もが必ず一度は失敗します。資産運用のスキルは失敗しながら磨いていくしかありません。

40代から資産運用の第一歩を踏み出すときは、いきなり大きなリスクを取らずに、小さな金額で始めて経験を積んでいくことが重要になります。

傲慢にならない

40代から始める資産運用で成功するためのポイントは、傲慢にならず、着々とスキルを磨いていく姿勢にあります。

資産運用は経験がモノを言う世界であるため、始めるのが早ければ早いほど有利であるに越したことはありません。最悪なのが、資産運用の経験がないまま、退職してから初めて投資を始めて、退職金を一発で融かしてしまうケースです。

40代は資産運用を始めるのに十分なお金があり、また資産運用をするにもまだ十分に間に合う年代です。しかし、「資産運用は簡単だ」といった傲慢な態度で挑むと、必ずしっぺ返しを受けることになります。

誰もが一度は失敗するもの
自分はまだ資産運用1年生

という謙虚な態度で資産運用を学んでいく姿勢が、リスクの取り過ぎを防いでくれます。

NISAやつみたてNISAを活用する

2013年から始まった少額投資非課税制度NISAをきっかけにして、資産運用を始める40代が増えているようです。

NISAは多くの人が老後資金の蓄えのために利用していますが、2018年からは、より長期の資産運用に向けた「つみたてNISA」が始まっています。

NISA年間120万円までの投資枠が最長5年間に渡って非課税
つみたてNISA年間40万円までの投資枠が最長20年間に渡って非課税

本格的な資産運用をする上では、NISA・つみたてNISAの非課税枠はわずかな足しにしかなりません。

ただ、40代から資産運用を始める一つのきっかけとして、NISA・つみたてNISAを使った資産運用を始めてみるのは非常におすすめです。

 

40代はお金が最も必要とされる時期

40代は給料が30代よりも増えてきて余裕が出てくる一方で、マイホームの購入に子供の教育資金にと、人生において最もお金が掛かる年代です。

人生で最も高額な出費が相次ぐ40代の出費イベントを見ていきましょう。

マイホームの購入

日本人の人生で最も高額な買い物となるのがマイホームです。

国土交通省 住宅局が発表した「平成29年度住宅市場動向調査報告書」を見ると、日本人とマイホームを取り巻く様々な経済事情・人生事情が見えてきます。
※出典:国土交通省

かつては、マイホームは30代で買うのが一般的でしたが、長引く経済不況や晩婚化などの影響で、マイホームを購入する平均年齢は全国平均で43.6歳、三大都市圏では46.1歳にまで上がっています。

また、注文住宅の住宅資金は全国平均で3073万円、自己資金は907万円となっています。

中古住宅を買うにしても、日本では中古住宅市場が機能していないため、中古住宅取得に掛かる住宅資金は平均2857万円、自己資金は平均1318万となっています。

自己資金だけでマイホームを買える場合は別ですが、多くの人は長期に及ぶ住宅ローンを組むことにもなります。夢のマイホームを手に入れるには、多額の出費は避けられないのです。

子どもの教育費

40代になると子どもも成長してきますが、同時に教育費が重くのしかかってきます。政府は大学教育無償化などを掲げていますが、このデフレの時代において教育費だけは年々高騰しています。

私立の中学・高校に進学し、国公立の大学に進学する場合は、子ども1人当たり1500万円が必要だと試算されています。

近年は、中学受験熱が過熱しており、東京23区内では4人に1人が中学受験するまでになっています。中学受験をするとなると、多額の塾代や習いもの代なども発生してきます。

独立行政法人日本学生支援機構が発表した「平成28年度学生生活調査」によると、2016年時点で、大学生の48.9%が奨学金を受給しています。
※出典:[PDF]独立行政法人日本学生支援機構

現在の親世代は、就職が困難で厳しい家計が多い就職氷河期世代(ロスジェネ世代)が中心であることもあり、大学生の4割近くがアルバイトなしでは満足な学業生活を送ることができない世知辛い状況にあります。

【40代出費まとめ】40代はお金がいくら掛かる?

40代に発生してくる出費をまとめてみましょう。

マイホーム
頭金として平均900万円が必要となります。住宅ローンも発生しますが、これは家賃分として考えればよいため生活費の一部とできます。

子ども
私立の中学・高校に進学し、国公立の大学に進学する場合は、1人当たり1500万円が必要となります。公立の中学・高校に進学する場合は、1人当たり1000万円程度まで減額できます。

夫が31歳、妻が30歳で結婚し、2人の子供を授かる一般的な家庭のケースだと、マイホームの頭金と子ども2人分の教育費を合わせて最大4000万円が必要となる試算となります。

子ども2人がともに公立の中学・高校に進学し、国公立の大学に進学するケースでも約3000万円必要となります。

マイホームを諦めた場合は約1000万円出費が減り、子どもが1人となる場合にも約1000~1500万円の出費が減ることになります。

いずれにせよ、40代には数千万円規模の多額の出費が必要となることは避けられないようです。

 

40代から資産形成を始めるのは難しい?

マイホーム購入の頭金に加えて、長期に及ぶ住宅ローン、そして子供の教育費と、40代は人生の中で最もお金が掛かる年代です。

マイホームの購入と教育費が終わったら、今度は老後のための資産形成をしなければいけません。しかし、投資などの資産運用をするには一定の頭金が必要であり、また十分な経験を積むためには時間の投資も必要になってきます。

「折角、マイホームと子供の教育費が終わったんだから、そこまでの労力を掛けて資産運用なんてする必要はない。退職金と年金だけで十分だ!」
と思ってしまっても仕方ありません。

ただ、少子高齢化による人口減少社会と、平均寿命の伸びによる人生100年時代という、人類の歴史上でも未曽有の社会が到来するこれからの日本では、資産運用をする重要性は益々高まっていきます。

仮に65歳で定年退職するとしても、寿命が来るまでの35年間を、退職金をすり減らしながら年金だけで生活する自信があるでしょうか?

40代から資産運用を始めるのは難しいことは確かですが、何もしなければ時代の荒波に揉まれる厳しい老後が待っていることは間違いありません。

 

40代が資産運用で成功するためのポイント

40代が資産運用を安全に始めるためのポイントは「傲慢にならず、リスクを小さくして始めること」でしたが、長期に渡って資産運用を成功させるためには、人生100年時代を見据えた長い視野で考えることが重要になってきます。

アーリーリタイヤではなく長期的に成功することを第一に考える

40代や50代の早い内に一定の資産を作って早期退職するアーリーリタイヤには、誰もが一度は憧れます。しかし、40代から資産運用を始めて、すぐにアーリーリタイヤできるようになるほど、資産運用は簡単なものではないというのが現実です。

特に、資産運用の経験がない40代がアーリーリタイヤを目的とした投資をしてしまうと、最悪投資詐欺に引っ掛かるか、ハイリスク銘柄の投資に失敗して虎の子の資金を全て無くしてしまうことにもなりかねません。

40代が資産運用で成功するには、定年退職までに十分な資産を作ることを目的に、長期的視野に立って考えることが重要です。長期的な視野に立って資産運用を始めれば、運が良ければアーリーリタイヤできる可能性も出てきます。

しかし、最初からアーリーリタイヤを目的に投資を始めてしまうと、詐欺や破産リスクが高くなることは避けられません。美味い話がそう簡単に落ちているはずがないのです。

資産運用は老後も見据えた副業だと捉える

40代が資産運用を始めて成功するためのポイントは、資産運用を娯楽や遊びではなくて、第二の仕事や副業だと考えて本気で取り組むことが重要です。

真面目に本気で資産運用に取り組むことによって、資産運用は老後のお金の問題を解決してくれるだけでなく、老後の知的趣味も兼ねるようになってきます。資産運用に本気で取り組み、上達しないのならば、資産運用の上級者から直接学ぶことが最も手っ取り早く合理的な方法となります。

身近に資産運用のプロがいるなら話は別ですが、資産運用の上級者が周りにいない場合は、40代の投資初心者でも利益を出しながら学べる投資顧問サービスの利用を検討してみることをおすすめします。

資産運用は、最終的には自分自身の方法を確立することが重要です。しかし、最初から独学で学ぶことは効率的ではありません。投資顧問サービスを利用することによって、最短ルートで効率的に資産運用のスキルを学ぶことが可能になります。

 

40代資産別おすすめポートフォリオ

40代の保有資産別に、

毎月の給料からいくら資産運用に回すべきか?
資産運用のポートフォリオはどうすべきか?
40歳から65歳まで運用するといくらになるのか?

を見ていきましょう。

いずれの場合も、40代から資産形成を開始したとしても、65歳までに十分な老後資金を形成することが可能です。

 

資産0円の場合

金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)」によると、40代の22.6%が「金融資産を保有していない」と回答しています。
※出典:金融広報中央委員会

40代で資産0円では、資産運用をするのはもう遅いと思うかもしれませんが、国民の平均年齢が46歳の日本では40代はまだ若く、資産運用の旨味を味わうことは十分可能です。

40代で資産0円の場合
毎月3~5万円積み立てることを目標とし、まずは100万円の貯金を作ることを目標にしましょう。
同時に株式投資などの資産運用の経験を、つもり売買や売買シミュレーションサイトなどを使って積んでいき、50歳から本格的な資産運用を始めることを目標にしていきましょう。

45歳までに100万円の貯金を作り、65歳までの20年間に毎月5万円ずつ積み立て投資をして、年率5%で運用すれば、65歳時点では約2348万円の資産を作ることが可能です。

資産500万円の場合

40代で500万円の資産がある場合は、まずは焦らずに資産運用の経験を積んでいくことが重要です。

株式投資の経験を積むとしたら、500万円の内の200万円を使って投資の経験を積み、残りの300万円は銀行預金として安全に運用しておくことをおすすめします。

投資の経験は独学で学んでも構いませんが、投資顧問サービスなどを使えば、短期間に資産運用に必要なスキルを学ぶことが可能になります。

40代で資産500万円の場合
資産運用を学ぶとともに、毎月の給料・ボーナスからは毎月5万円、年間100万円積立することを目標にしておきましょう。

40歳時点で資産500万円、毎年100万円(月平均8万円)の積み立て投資をして、年率3%で運用すれば、65歳までに約4802万円の資産を作ることが可能になります。

資産1000万円の場合

40代で1000万円の資産がある場合も、資産運用の経験がないなら、まずは焦らずに資産運用の経験を積んでいきましょう。

株式投資の経験を積むとしたら、1000万円の内300万円を使って投資の経験を積み、残りの700万円は銀行預金や外貨として安全に運用することをおすすめします。

40代で資産1000万円の場合
毎月の給料・ボーナスからは、毎月5万円、年間100万円積立することを目標にするとよいでしょう。

1000万円あれば資産に余裕があるため、投資のスキルを十分に磨いてからは、ややリスクのある投資に手を出してみても良いでしょう。ただし、リスク管理をきっちり守れることが絶対条件です。

40歳時点で資産1000万円、毎年100万円(月平均8万円)の積み立て投資をし、ハイリスク投資も活用して年率6%で運用すれば、65歳までに約1億107万円の資産を作ることが可能になります。

 

40代は資産運用を始める最後のチャンスです

資産運用をするには一定の種銭に加えて、資産運用の経験やスキルを磨くために時間の投資も必要となるため、40代から資産運用を始めるのは厳しいことは事実です。

ただ、これからの人生100年時代においては、資産運用のスキルを始めとする金融リテラシーの有無が、老後生活の充実度を左右することになるのは間違いありません。仮に退職金と年金だけで生活できると計画していたとしても、日本が財政破綻してハイパーインフレが起こったら生活が破綻してしまいます。

今の40代が100歳まで生きるとなると、2080年近くとなります。この間にも医療技術は進歩し続けるため、健康寿命・平均寿命が更に伸び続けることは確実です。今現在でも高齢化・人口減少に苦しんでいる日本の財政が、これから60年もの長い間持ち続けるでしょうか?

40代から資産運用を始めるのは厳しいことは事実ですが、いますぐに資産運用を始めなければ、更に厳しい老後が待ち受けている可能性が高いこともまた事実なのです。

40代はお金も掛かる時期ですが、仕事も忙しくなってくるため、お金よりも資産運用を学ぶ時間が足りない人が多いことかと思われます。

資産運用を独学で学んでしまうと、失敗して多額の資金を失ってしまうばかりか、間違った方向に努力して資産運用のスキルが何一つ身に付かないという最悪のケースに陥ってしまうことも少なくありません。

資産運用の旨味を享受するためには、40代に残された時間は多くはありません。初心者であっても利益を出しながら正しい資産運用の方法を上級者から学べる投資顧問サービスなどを使って、お金と時間を有意義に使っていくことが大切です。