投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

投資初心者の疑問を解決!投資を始める注意点は!?

投資にはどういうものがあるの?

投資と一口に言ってもその種類は様々であり、どの金融商品や金融サービスを選ぶかを決めるだけでも大変です。

投資にはどのようなものがあるのか、代表的な金融商品や金融サービスの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

株式投資

株式投資とは
企業が資金調達のために発行する株式を買ってその企業の株主となり、企業の業績拡大に応じた株価の値上がりや配当金といった形でリターンを得るもの

日本の証券取引所である東京証券取引所には、トヨタやソニーといった有名企業から上場したばかりの新興企業まで3000を超える銘柄が上場しています。

株式投資は投資対象となる銘柄数が多いため、リスクが小さいディフェンシブ銘柄からハイリスクの新興銘柄まで、投資目的に応じた投資が可能となります。

また、ネット証券の発達により手数料も非常に安くなっており、1000万円分の株を買っても、手数料が1000円以下となるネット証券は少なくありません。

資産を増やしたい人から資産を守りたい人まで、目的に応じた投資ができることが、株式投資が投資の王道たる所以です。

投資信託

投資信託とは
投資家から預かった資金を一まとめにして、投資のプロであるファンドマネージャーに運用を委託して、その利益を還元してもらう金融商品

投資信託は、投資のプロに運用を委託する安心感がある一方、手数料が高額になりやすい傾向があります。また、投資のプロが運用するからといって元本割れしない保証もありません。

特に、銀行証券会社などの店頭で販売している投資信託は手数料が割高であることから、手数料を含めると利益が出ていないケースが大半となっています。

近年は、株式市場に上場している上場投資信託(ETF)も登場しています。ETFはいつでも売買できるため流動性が高く、通常の投資信託と比べて手数料が割安である点が大きなメリットとなっています。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは
AIが自動で投資をしてくれる金融サービス

近年登場したばかりの新しい金融サービスであり、「ウェルスナビ」(https://www.wealthnavi.com/)と「テオ」(https://theo.blue/)の2社が主要ロボアドサービスとして知られています。

ロボアドバイザーは、投資初心者が投資の知識やスキルがなくても運用を委託できる一方で、手数料が高額であり、AIに運用を任せることになるため自分自身に投資のスキルが身に付かない点がネックとなります。

また、AIに運用を任せたからといって完璧ではなく、相場が大きく下落した際には大きな損失が出てしまうことも避けられません。

投資信託とロボアドバイザーは、投資を他者に委託できる点はメリットですが、いずれも確実に利益が出るわけではなく手数料が高い点がネックとなります。投資は自分自身でスキルを身に付けて行えるようになるに越したことはありません。

不動産投資

不動産投資とは
アパートやマンションを買って賃貸として貸し出して賃料収入を得るか、購入した物件が値上がりしたときに買い値よりも高く売って売却益を得るもの

不動産投資は、株式投資に比べると、長期に渡って安定した収入が得られ、節税効果も期待できることが強みとなっています。

しかし、不動産投資は多くの場合、銀行から借金をして行う必要があり大きなリスクを背負うことになります。スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題レオパレス21の施工不良問題などでは、多くの個人投資家が借金を背負ったまま取り返しの付かないことになっています。

不動産投資は初心者が始めるには非常に敷居が高く、プロの不動産投資家でなければカモにされてしまうのが実態となっています。

 

投資をするとどんなリターンがあるの?

投資で得られるリターンを一言で言うと、自由が得られることだと言えます。経済的自由はもちろんですが、時間や場所に縛られずにお金を稼げることで精神的自由を得られることが投資を学ぶ最大のリターンです。

投資の税率は優遇されている

日本では、労働や事業で稼いだ収入には、最大55%(所得税45%、住民税10%)の税率が課されます。また、厚生年金・健康保険料も収入に応じて上がります。

一方、株式投資や投資信託で得た収入に課される税率は20%で一律となります。100万円稼ごうが、1億円稼ごうが、一律で20%の課税となります。また、分離課税となるため厚生年金・健康保険料にも影響しません。

日本では、税金を多く取られる労働や事業では資産を作りづらい一方、投資では簡単に資産を作ることが可能となります。

日本のお金持ちに関する調査を行った「日経ヴェリタス 2017年8月13日号」によると、日本で1億円以上の資産を築いた人の内、株式を保有している人の割合は80%に上っています。

※出典:Amazon

その一方、日本で1億円以上の資産を作った人の内、世帯年収1000万円未満の割合は40%となっており、投資をすることが日本でお金持ちになるための最短ルートであることが明らかになっています。

投資のスキルは一生モノ

サラリーマンでいくら仕事を頑張ったとしても、65歳で強制退職となってしまいます。政府は定年年齢を70歳まで延長するように企業に要請していますが、企業側からも反発の声が出ています。

自営業は別ですが、どれだけ仕事のスキルや経験を積み上げたとしても、多くの人は65歳になったら強制退職となり、社会からはお払い箱となってしまう運命にあるのです。

人生100年時代において、多くの人が65歳になるまで積み上げてきたスキルや経験を社会に還元できないのは社会にとってももったいないことですが、そのような制度になってるため仕方ありません。

一方、投資のスキルは一生モノです。株式投資であろうと不動産投資であろうと、投資のスキルを身に付ければ、そのスキルは一生活用し続けることが可能です。

投資は生涯学習の最たるものであり、人生100年時代における最も有望な副業です。

投資を学ぶことは社会を学ぶこと

株式投資などの投資を学ぶことは、社会のトレンド社会の変化を学ぶことにも繋がります。

例えば、2018年12月に入管法が改正されたことで、2019年4月からそれまで日本が外国人労働者を受け入れていなかった単純労働分野でも外国人労働者の受け入れが始まります。このニュースを受けて、マーケットでは外国人の人材派遣を手掛けている人材派遣会社などの株が物色されています。

このように、政治や経済のニュース一つ取っても、株式市場は大きく反応します。投資を学ぶことになれば、必然的に社会で起きているトレンドや経済ニュースについて主体的に学ぶことに繋がります。

今までは受け身で読んでいた新聞の経済欄や政治欄も、読み方そのものが変わってきます。仮に投資で直接的な利益を出せなくても、投資を学ぶ習慣を身に付けるだけで本業や日常生活にプラスの影響があるのです。

 

初心者が投資で上達するには?

投資の初心者が上達するために必要な心構えや具体的な方法について見ていきましょう。

最終的には自分の投資スタイルを確立する必要がありますが、そのためには自分の頭で考える習慣を身に付けて、上級者から効率的に教えを乞うことが効率的に上達する道となります。

自分の手で調べて自分の頭で考える習慣を身に付ける

投資の世界では、自分の手で調べて自分の頭で考えて検証する習慣を身に付けていなければ生き残ることはできません。初心者の間にも、この習慣を意識して行動することが必要です。

日本人が投資で失敗しやすいのは、この点にあると考えられています。日本人は周りの人と同じ行動をして、同じ考えをすることが多いため、どうしても自分の頭で考えずに、周りの人に合わせた行動を取ってしまいがちです。

投資で上達してくると、自分で決めた投資ルールを徹底する必要があります。このとき、世間が言っていることとは逆の行動をしなければいけなくなるときが必ず出てきます。例えば、日経平均が総悲観となり大暴落しているときに、自分で決めたルールが「買いサイン」を示していたら、誰もが売っている状況でも買わなければいけません。

世間の常識や価値観を信じて誰もが当たり前だと思っていることでも、自分の手で調べて、自分の頭で考える習慣を身に付けることが重要です。

投資日記などを付けて失敗から学ぶ習慣を付ける

投資も仕事や勉強などと同じく、失敗から改善を重ねることによって上達することができます。

このとき重要な役割を果たすのが、自分自身の投資について記録しておく投資日記です。投資日記を付けておき、失敗したことや上手くいったことなどを客観的に見直すことで、投資のスキルはメキメキと上達していきます。

逆に言えば、投資日記を付けなければ、自分自身の弱点や強みを客観的に認識することができないため、いつまで経っても上達することはありません。

投資を何年も続けているにも関わらず全く上達しない人も中にはいますが、その99%は投資日記などの記録を付けておらず、いつまで経っても同じ失敗を繰り返しています。

投資日記を付けずに投資で成功することは不可能であると言っても過言ではありません。投資で上達したいなら、今日からすぐに投資日記を付け始めましょう。

投資顧問などを利用して上級者から学ぶ

例えば株式投資をしようにも、銘柄数が多過ぎるため、投資初心者はどの銘柄を選んでいいのか分からないのも無理はありません。初心者はどのような努力をすれば投資のスキルが身に付くのか分からないため、間違った努力をして、無駄に資金を失ってしまうことが少なくありません。

これは投資に限りませんが、上達したいと思ったら、既に成功している上級者から正しい努力の仕方を学ぶことが合理的です。

例えば、野球が上手くなりたいと思っている人が、独学で野球を学ぶのと、コーチなどの野球経験者から学ぶのとでは、どちらがより早く効率的に上達できるでしょうか?

独学で投資を学んでしまうと、お金だけではなく無駄な時間も浪費してしまうことになりかねません。投資顧問サービスなどを利用して、投資の上級者から効率的に学ぶことが投資を学ぶ最短ルートになります。

 

初心者を狙った悪質な投資詐欺には注意!

近年、多額の資産を持つ高齢者を狙った悪質な投資詐欺が増えています。

投資詐欺に遭わないためには、どんな情報であろうと自分の手で調べて自分の頭で考え、金融リテラシーを身に付けることが重要になってきます。

手数料ビジネス

投資詐欺というと、怪しげな業者が勧める金融商品を連想してしまうかもしれません。しかし、高齢者の金融資産を狙っているのは、何も悪徳業者に限りません。

名のある銀行や証券会社が、庶民の虎の子の資産を虎視眈々と狙っているのです。現在、銀行はフィンテックサービスの登場やマイナス金利に苦しんでおり、店舗型証券会社は手数料が安いネット証券に顧客を取られています。

そのため、銀行や証券会社は手数料が高額な投資信託や外貨預金、銀行カードローンなどを金融リテラシーのない顧客に買わせています。

証券会社が勧める回転売買の被害に遭い、1億円を超える手数料を合法的に徴収されてしまった人もいるため注意が必要です。名のある金融機関が勧めるからといって、そこで思考停止せずに、自分の頭で考えるようにしましょう。

年率3%以上の元本保証

投資の世界では、「リターンが大きくなればなるほど、リスクも相応に大きくなる」という絶対的な法則があります。この原理原則を抑えておけば、投資詐欺に遭うことは絶対になくなります。

逆に言えば、「年率3%以上のリターンでありながら元本保証」を謳った金融商品は、100%確実に詐欺商品であると言えます。

世の中には上手い話などそうそう落ちていません。もしも「ノーリスクで年率3%」が得られる情報があったとしたら、赤の他人にそう簡単に教えるものでしょうか?

手数料ビジネスにせよ投資詐欺にせよオレオレ詐欺にせよ、大切な資産を騙し取られてしまう人には、とにかく自分の手で調べようとせず、一方的にその情報を信じてしまう傾向があります。

どんな情報であろうと、自分の手で調べて情報の真偽を確認することによって、これらの詐欺に遭うリスクを完全になくすことができます。