投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

「副業案内リッチナビ」に登録するとどうなる?副業詐欺サイトの手口と安全な副業サイトを紹介

働き方改革で副業が推進されるとともに、副業詐欺サイトが増加しています

政府が推進する働き方改革では副業が推進され、2018年は「副業元年」とも言われました。

政府の音頭に合わせて、長らく副業を認めてこなかった企業でも副業が解禁される動きが出てきており、リクルートキャリアが発表した「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」によると、副業を容認済みかこれから容認することを検討している企業は全体の40.6%に上っています。
※出典:[PDF]リクルートキャリア

また、パーソル総合研究所が2019年2月12日に発表した「副業の実態・意識調査」では、正社員で現在副業している人は10.9%、今後副業したい人は41.0%に上っています。
※出典:[PDF]パーソル総合研究所

副業をしたいと考える人の理由は様々ですが、最も多い理由は「お金をもっと稼ぎたい」というものです。

ただ、副業をする人が増えると同時に、「副業でもっとお金を稼ぎたい」という多くの人が持つ願望に付け込んだ副業詐欺も急増しています。

副業詐欺に騙されないためにも、副業詐欺の手口や副業詐欺に遭わないための方法を抑えておきましょう。

 

【騙されないために】副業詐欺サイトの特徴

副業詐欺に遭わないためにも、副業詐欺サイトの特徴を抑えておきましょう。

簡単に稼げることを煽ってくること
お金の送金を求めてくること

上記が副業詐欺に共通する特徴となります。この2点に注意しておけば、ほぼ全ての副業詐欺を見抜けるようになります。

手軽に稼げることを謳っている

誰でも簡単に月収30万円稼げる!
副業の収入が本業を超えた!
LINEでメッセージを送るだけで日給3万円!

など、手軽に簡単に稼げることを煽る文面は副業詐欺サイトの特徴の一つです。

このような副業詐欺サイトにメールアドレスなどを登録してしまうと、高額な情報商材やオンラインサロンの案内をするスパムメールが大量に送られてくることになります。

言うまでもなく、案内で送られてきたスパムメールのほぼ全てが詐欺商材です。冷静に考えてみれば分かることですが、人生100年時代で誰もがお金の不安を抱える今の時代に、お金儲けの方法を赤の他人に無料で教える人はまずいません。

少しでも怪しいと思うサイトは、さっさと閉じてしまうことが賢明です。くれぐれも登録などはしないように気を付けましょう。

会社名や会社の住所、資本金の記載がない

サイト内に、事業会社の代表者名、会社の住所、資本金が記載されていない場合は、副業詐欺サイトである確率が非常に高くなります。

仮にサイト内に書いてある場合でも、嘘の情報である可能性があります。実在していない情報であっても、サイトに書くだけならいくらでも捏造できてしまいます。

会社の情報や電話番号などがサイト内に書いていない場合は論外ですが、ちゃんと書いてあり会社の実在が確認できたとしても、それだけで信じるべきではありません。

今や、会社の設立は誰でも簡単にできるようになっているため、会社が実在しているかどうかは、詐欺ではないという決め手にはなりません。また、他の似たようなサイトで推奨されていたとしても、内部の人間による自作自演である可能性があります。

副業をするためにお金の送金を要求してくる

どのような経緯であれ、ネット上で見知らぬ相手から送金を求められたら、それはほぼ100%詐欺であると断定して間違いありません。

副業詐欺で多いのが、「月10万円稼げる副業をするため」に前払いを要求してくるといったケースです。

「この副業ができるようになれば、月10万円稼げるようになります。しかし、副業を始めるには手数料として30万円の前金が必要です」

などとお金の送金を要求してきます。

すぐに元が取れるようになります」と言って説得してくるものの、お金を送金したら連絡がなくなってしまうケースがほぼ100%です。

どのような副業詐欺も、

  1. 簡単に稼げる仕事があります
  2. お金を送金してください

というシンプルなパターンに集約されます。見抜いておきましょう。

 

【詐欺の手口】副業詐欺サイト「副業案内リッチナビ」に登録すると…

副業詐欺の手口を、実際の副業詐欺サイトを例に見ていきましょう。

女性を狙った副業詐欺サイトとして悪名高いのが「副業案内リッチナビ」(http://pas8.info/gcd456/)です。

副業案内リッチナビ」では、高額所得者の男性とメールをするだけで月収50万円の副業ができることを謳い文句にしています。

「副業案内リッチナビ」に登録すると、高額所得者を装う男性からメールが送られてきます。メル友になったら毎月680万円渡すと言われますが、口座登録のために必要なポイントを買うための送金を求められます。

言うまでもなく、もしもお金を払っても毎月680万円振り込まれることはなく、詐欺業者の懐を温めるだけです。

副業案内リッチナビ」は、「簡単に稼げる!」ことを謳って集客し、副業をするためにお金の支払いを催促してくるという典型的な副業詐欺サイトの手口となっています。このような副業詐欺サイトには、くれぐれも登録しないように注意しておきましょう。

 

ネット副業で正しく稼ぐためのポイント

悪質な副業詐欺サイトも出現している一方、政府推進で副業が解禁される中、大手の安全な副業サイトも登場しており、手堅く副業で稼いでいる人も大勢います。

ネット副業で正しく稼ぐためのポイントを抑えておきましょう。

怪しい仕事ではなく、需要がある仕事をする

LINEスタンプを送るだけで日給3万円!
スマホをタッチするだけで稼げる!

など、副業詐欺業者が勧める仕事は、どう考えても怪しい仕事であり、そもそも誰の役に立つ仕事なのかが分かりません。

資本主義社会において、お金とは需要に貢献した対価として支払われるものです。これは副業においても変わりません。

例えば、治験やテープ起こしなどの副業は、その仕事に対して需要があり、貢献の対価としてお金が支払われる仕組みになっています。また、自分自身ではなぜその仕事に需要があるのか分からない仕事であっても、今は様々なマネタイズが可能になっていることから需要がある仕事である場合があります。

いずれにせよ、どのような仕事であっても、社会貢献してお金を得るには、ある程度の労力が必要になるということを抑えておきましょう。

既に定評のある大手副業サイトを使うようにする

治験やテープ起こしなどの需要がある副業をするにしても、既に定評のある大手企業を使うようにすると安全です。

多くのユーザーやクライアントを抱える大手企業はスケールメリットを生かせることもあり、報酬も高めに設定することが可能となります。

副業詐欺の中には、直接的にお金の送金を求めてくることはなくても、怪しい別のサイトへの登録を促してくるケースも見受けられます。しかし、見知らぬサイトが推奨する名も知れぬサイトで副業をするのはリスクが大きすぎます。

副業をするときには、既に定評がある大手サイトを使うようにしましょう。少しでも不安だったら、大手サイトで稼いだことがある経験者の口コミをTwitterなどで探してみると安心です。

 

【収入別】おすすめの副業と副業サイトとは?

目安となる収入別におすすめの副業と、それぞれの代表的な大手副業サイトを見ていきます。

今回は主婦からサラリーマンに人気の副業として、アンケートモニター治験クラウドワーキング株式投資の4つを取り上げていきます。

【月1000円~】アンケートモニターサイト

アンケートモニターは、マーケティング会社が企業から委託した質問に答えることによって報酬を得る副業です。

企業は商品開発のための顧客データを欲しており、マーケティング会社にコストを払ってでもデータを集めたいという需要があります。

アンケートモニターサイトは乱立していますが、「マクロミル」(https://monitor.macromill.com/)や「リサーチパネル」(https://research-panel.jp/)が代表的なアンケートモニターサイトとなっています。

特に、マクロミルは東証一部上場企業(証券コード:3978)であるため安心です。

アンケートモニターの報酬は、人によっては月に1万円以上稼いでいる場合もありますが、多くの人は月に1000円以上稼げれば良い方というのが現実のようです。

また、月に1万円以上稼いでいる人であっても、時給換算するとアルバイトをした方がマシというケースが大半であり、アンケートモニターはあくまでスキマ時間にできる副業に留まるものであると言えます。

【月3万円~】治験

治験は、新薬の効果や副作用を検証するために行われるものです。製薬メーカーが新薬を販売するためには、厚生労働省から承認・認可を得るために治験を行う必要があります。

製薬メーカーが治験のための人員を確保するのは容易ではなく、治験サイトに委託しています。このため、治験を始めるには治験サイトに登録して行う必要があります。

治験サイトとしては、「治験情報 VNET」(https://gogochiken.jp/)と「医学ボランティア会 JCVN」(https://www.jcvn.jp/a8/visit/)の大手2サイトがおすすめです。

治験で支払われるバイト料には、治験による万一の場合の健康リスクを織り込んだ「負担軽減費」が含まれるため高額となる傾向があります。

治験の相場は、入院が必要な治験は1日2万円通院で済む治験は1日1万円が目安となっています。

【月5万円~】クラウドワーキング

テープ起こしやライティング、デザインなどの仕事をネット上で請け負うクラウドワーキングは、副業としても人気になっています。

日本ではまだ一般的ではありませんが、アメリカではクラウドワーキングで仕事を請け負うフリーランサーが全労働者の30%以上にも上っており、働き方の一形態として注目を集めています。

クラウドワーキングサイトとしては、「クラウドワークス」(https://crowdworks.jp/)と「ランサーズ」(https://www.lancers.jp/)が大手2サイトとなっています。

特に、クラウドワークスは東証マザーズ上場企業(証券コード:3900)であるため安心です。

クラウドワーキングで稼げる報酬は仕事にもよりますが、月5万円以上を目安に考えておくとよいでしょう。

【月10万円~】株式投資

株式投資は、東京証券取引所に上場する企業の株式に投資して利益を得るものです。

クラウドワーキングなどの副業は雑所得や事業所得になるため、確定申告の際、会社に副業をしていることがばれるリスクがあります。

一方、株式投資の利益は分離課税となるため、どれだけ利益を得ても会社にばれることはありません。また、株式投資でどれだけ稼いでも20%の一律課税となり、健康保険料・厚生年金に影響することもありません。

株式投資を始めるには、「楽天証券」(https://www.rakuten-sec.co.jp/)や「SBI証券」(https://www.sbisec.co.jp/)などの大手ネット証券がおすすめです。

株式投資で稼げる額は資本金にもよりますが、スキルがあれば月10万円以上、稼げる人は1億円まで上限はほぼありません。

 

【最強の副業】株式投資で稼げるようになる方法

これから何か一つ副業を始めるとしてスキルを身に付けるとしたら、株式投資をおすすめします。

株式投資は、会社にばれるリスクもなく、どれだけ稼いでも一律課税で健康保険料・厚生年金が上がることもなく、それでいて利益額は青天井となる最強の副業です。

株式投資で稼げるスキルを身に付けるための具体的方法を見ていきましょう。

売買日記を付けて独学で学ぶ

既に成功している投資家やトレーダーが身近にいて直接指導してもらえる環境を除いて、多くの場合は、株式投資は独学で学んでいくしかありません。

株式投資を独学で学ぶ上で重要になってくるのが、自信の投資の記録を売買日記という形で記録しておき、後から見直して学ぶ習慣を身に付けることです。

勉強やスポーツなど、あらゆる分野での学びと同じように、株式投資においても失敗したことから学び役立てていくプロセスは、上達するためには必要不可欠となります。

特に、初心者は、独学で株式投資を始めると必ず大きな失敗を体験します。失敗についてきちんと記録しておき、後から見直して二度と同じ失敗をしないようにすることは非常に重要です。

何年も株式投資をしているにも関わらず全く上達しない人がいますが、それは売買日記を付けずに同じ失敗を何度も繰り返していることが原因です。

投資顧問サービスなどで上級者から学ぶ

初心者が上達するには、売買日記を付けて自分の失敗から学び上達していくしかありませんが、株式投資を学んでいく上では必ず大きな火傷を負うことになります。

初心者が一度も大きな損をすることなく、株式投資で上達することは、残念ながらほぼ不可能です。スキルを身に付けるまでの過程で、初心者特有の失敗は必ず体験するものであり、独学で学ぶ以上はこれを避ける方法はありません。

ただ、現代では、投資顧問サービスなどの上級者から株式投資を教えてもらえるサービスが登場しています。

投資顧問サービスを使えば、上級者から具体的な銘柄選びの方法などを教えてもらえるため、利益を出しながら、株式投資で稼げるスキルが最短ルートで身に付けることが可能になります。

投資顧問サービスは月額費が発生する有料サービスですが、初心者特有の失敗をして大火傷することに比べれば、安く付くことが多くなります。