投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較
ブログ

副業で稼ぐにはセミナーに行くのはアリ?副業セミナーのメリット・デメリットを徹底解説

政府が副業を推進する裏で副業セミナーが盛況となっています

政府推進の働き方改革で副業が推進されたことで2018年は「副業元年」と謳われるなど、若者から主婦、高齢者に至るまで副業が大きな注目を集めています。

リクルートキャリアが2018年10月12日に発表した「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」によると、現在兼業・副業を容認・推進している企業とこれから副業を容認する予定の企業は全体の40.6%に上っています。
※出典:[PDF]リクルートキャリア

また、パーソル総合研究所が2019年2月12日に発表した「副業の実態・意識調査」によると、正社員で現在副業している人は10.9%、今後副業したい人は41.0%に上っています。
※出典:パーソル総合研究所

社会で副業への需要が高まるとともに、副業のやり方を教える副業セミナーも毎週のように開催されるようになっています。副業セミナーの中には価格に見合う有益なセミナーもあれば、詐欺目的の悪質なものもあるため注意が必要です。

人手不足を背景に、今後副業が更に盛んになることが確実である中で、副業セミナーに行くべきかどうかを考えていきましょう。

 

副業セミナーに行くメリット

副業セミナーに行くメリットを見ていきましょう。

特に、いくらセミナーに行って有益な話をしてもらったとしても、自分自身に有益な情報を処理できる最低限の知識がなければ意味がありません。無勉強でセミナーに行くのではなく、準備をした上で行くことが重要です。

副業で稼ぐ具体的な方法が学べる

取り組みたい副業があったとしても、どのように始めたらいいのか分からない場合は、具体的な方法や道筋を示してくれる副業セミナーから得られるものは多くなります。

例えば、転売ビジネスを始めたいとしても、そもそもどのような商材を仕入れて転売すればいいのか見当も付きません。だからといって、ただ闇雲にあらゆる商材を試していったのでは、あまりにも効率が悪過ぎます。

副業セミナーの講師が既に成功している場合は、具体的な商品までは教えてくれることはなくても、「知っている商品から始めるべきだ」など、具体的に「どうすればいいのか?」という道筋を付けてもらうことが可能となります。

とはいえ、スキルが必要なく、情報だけで稼げてしまうような稼ぎ方の場合は、情報が広まっただけで稼げなくなってしまうため注意が必要です。

講師に質問することができる

どのようなノウハウであろうと、本を読んだり、セミナーを受講したり、DVDを視聴したりしただけでは理解しきれないことが少なくありません。

セミナーに行けば、質疑応答の時間に、講師に直接質問することができるため、自分一人では解決できない疑問点を解消できます。

既に副業で稼いでいる講師に直接質問ができる機会は、セミナーの最も価値がある要素の一つです。セミナーに行く際には、質疑応答の時間がちゃんとあるかどうかを確認しておくといいでしょう。

とはいえ、「どんな副業がおすすめですか?」といった曖昧過ぎる質問には答えようがありません。また、セミナー中で説明された内容を理解しておらず、セミナー中の内容を復唱するような答えになってしまうような質問をするのも失礼に当たります。

質問をする際には、しっかりとセミナーの内容を消化するよう努力し、自分の頭で考えた上で質問をぶつけるようにしましょう。

本やネットには載っていないレベルの高い内容が学べる

有料の副業セミナーは5000円以上のものも多く、本やネットに比べるとやや高額になものが少なくありません。とはいえ、本やネットには載っていないレベルの高い内容を学べれば、十分に元は取れます。

本やネットでは文章レベルでしか情報を伝えることができないため、伝えられる情報量には限界があります。講演を行い、動画などを使うことでも情報を伝えられるセミナーだからこそ、本やネットでは学べない情報をたくさん吸収することが可能になります。

ただし、価値のある・レベルの高い内容を自分のモノにするためには、自分自身にもある程度の学びや知識があることが条件です。セミナーで話される内容を最低限理解できる程度の知識を身に付けた上でセミナーに行くように心掛けておきましょう。

 

副業セミナーに行くデメリット

副業セミナーに行くデメリットを見ていきましょう。

副業セミナーには無料のセミナー有料のセミナーがありますが、いずれの場合にも大きなデメリットがある場合があります。「タダほど高いものはない」と肝に銘じておくことが重要になります。

悪質な副業セミナーが少なくない

働き方改革で副業をする人が増えている中、「ネットで手軽に稼げる!」「主婦でも月収30万円!」といった甘い言葉に流されて副業詐欺に遭う人が急増しています。

副業セミナーを使った副業詐欺も横行しているため注意が必要です。特に多いのが、高額なセミナー費用を要求されたにも関わらず、全く価値に見合う内容ではなかったというものです。

無料セミナーだとしても、高額の情報商材の購入やオンラインサロンへの入会、高額セミナーへの参加を強制される場合もあります。

高額セミナーの中には価格に見合う価値を提供しているものもありますが、残念ながら少なくない高額セミナーが詐欺師の集金ツールになっているというのが現状です。

有料セミナーだと元が取れない場合がある

有料セミナーに行き十分な情報を提供してもらったとしても、自分自身にその内容を消化できる最低限のスキルや知識がなければ、元を取ることはできません。

カネさえ払えば一から全部教えてもらえるだろう」というお客様第一主義の考えでは、いくら有益なセミナーに行ったとしても意味がありません。また、余りにも背伸びをし過ぎて、自分自身のレベルとはかけ離れた高いレベルのセミナーを受講しても無駄になりかねません。

有料セミナーを受講するにしても、セミナーの内容を理解できるだけの最低限の知識を学んでおき、自分自身のレベルに合ったセミナーを受講することが重要です。

無料セミナーは情報商材を売ることが目的である場合が大半

無料セミナーでは、有益な情報を学べることもありますが、無料セミナーの多くは高額な情報商材や高額セミナーへの案内をするために開かれている場合がほとんどです。

ただ、これは仕方のない一面もあります。人口減少や人生100年時代が叫ばれ、誰もがお金の不安を抱えている現代では、無料で価値ある情報を提供できる人はほとんどいないのが現実です。詐欺師は論外ですが、無料セミナーで情報提供している人は慈善事業ではなくビジネスでやっています。

無料セミナーに行く際には、「タダほど高いものはない」ということを肝に銘じた上で行くように心掛けておきましょう。

 

副業セミナーに行くべきケース

副業セミナーに行くべきなのは、どういう人かを抑えておきましょう。

どの副業で稼ぎたいのか」が明確に決まっている人は副業セミナーに行くべきですが、「お金を払ったのだから、有益な情報を教えてもらえるだろう」といった甘い考えを持っている人は行くべきではありません。

どのような副業で稼ぎたいのかが決まっている

どのような副業で稼ぎたいのか?」が明確に決まっている場合は、その分野で既に稼いでいる第一人者のセミナーに行くのは非常に有益な投資となります。

稼ぎたい副業の分野が決まっている場合は、既に十分な知識もあるため、セミナーで具体的な方法を教えてもらうだけですぐに稼げる可能性があります。

お金さえ出せば、自分自身は何の勉強も準備もしなくていい。セミナーに行って稼げる方法を教えてもらうだけだ」といった態度で何の準備もしてない人は、セミナーから何も学べないだけでなく、セミナーの講師や参加者にとっても迷惑になります。

必要ない情報商材が紹介されても安易に買わない意思がある

どれだけ有益なセミナーも、ビジネスでやっている以上、高額な情報商材やオンラインサロンへの入会が勧められることがあります。必要のない情報商材や高額塾への案内は、全て断る意思を持つことが重要です。

セミナーに行く目的は、「有益な情報を学ぶこと」にあります。

セミナーに行く前の段階から「そのセミナーからどのような情報を学ぶのか?」が明確に決まっていれば、セミナーの最後に紹介される商品が必要かどうかを自分の頭で判断することができます。

この点においても、セミナーに行く前の準備が重要な意味を持ってきます。

「誰でも簡単に稼げる」といった上手い話を期待していない

情報商材を買わないまでも無料セミナーにたくさん行く、もしくは有料セミナーに行き続ける“セミナージプシー”は少なくありません。

セミナージプシーの人達の特徴
「誰でも簡単に稼げる方法」を追い求めていくつものセミナーに行くが、セミナーで得た情報を全く活用しない

セミナーで得た情報を活用して何か始めるのではなく、「もっと簡単に稼げる情報」を追い求めて、次から次へとセミナーに行くセミナー中毒になってしまうのです。

今の時代に、「誰にでも簡単にできるお金儲けの方法」は存在しませんし、存在しない方法を教えてくれるセミナーもありません。

 

副業よりも株式投資がおすすめな理由

副業をするのもいいですが、株式投資を始めとする投資はあらゆる投資を凌ぐ最強の副業であると言えます。日本政府が副業を推進している真の理由は、副業をする人が増えて人手不足が緩和されてかつ健康保険料が徴収できるようになるためです。

副業よりも株式投資がおすすめな理由を見ていきましょう。

政府は副業よりも投資を推進している

政府は働き方改革を通じて副業も推進していますが、政府は「貯蓄から投資へ」をスローガンに株式投資を副業よりも積極推進し、優遇しています。

株式投資では、年間120万円までの投資枠が非課税となるNISAが2013年から始まっていますが、2018年からは年間40万円までの投資枠が非課税となるつみたてNISAが始まっています。

また、株式投資で得た収入はどれだけ稼いでも約20%の一律課税となっており、いくら稼いでも健康保険料や厚生年金の支払額には影響しません。

一方、副業で得た収入は、アルバイトなら給与所得に、その他の副業なら雑所得や事業所得になります。これらの副業収入は総合課税されるため、副業で稼げば稼ぐほど、健康保険料や所得税・住民税が増額されていく仕組みになっています。

政府が副業を推進する一方で、副業には税率面での補助は一切出していない背景には、副業をする人が増えれば増えるほど人手不足の緩和に繋がり、健康保険料として徴収できる税金が増えることにあるのです。

副業よりも圧倒的に稼げる

副業よりも株式投資の方が圧倒的に稼げるのは言うまでもありません。これは、株式投資で1億円以上の富を築いたお金持ちは数え切れない一方で、副業でお金持ちになった人はほとんどいないことからも明らかです。

例えば、副業をして1ヶ月に5万円稼いだとしても、年間では60万円にしかなりません。また、いくら副業をしても、この収入額は同じです。

一方、株式投資の場合は、利益を出して運用する額が増えれば増えるほど、複利の力によって利益額が増大していきます。

株式投資を始めた年に年間60万円の利益を得たとして、積み立て投資などを利用して運用額を増やしていけば、10年後には10倍の600万円の利益を得られるようになっても不思議ではありません。

また、副業で稼ぎ過ぎてしまうと、住民税納付時に会社に副業をしていることがばれる可能性があります。

一方、株式投資の利益は分離課税であるため、いくら稼いだとしても住民税納付時に会社にばれることはありません。

 

投資セミナーに行くメリット・デメリット

株式投資の世界にも投資セミナー投資顧問サービスといった有料サービスがあります。

投資セミナーや投資顧問サービスを使うメリットとデメリットを抑えておきましょう。特に初心者の場合は、有料サービスを使って上級者から教えてもらえるメリットはデメリットを大きく上回ることになります。

メリット:上級者から効率的に最短ルートで学べる

投資セミナー投資顧問サービスでは、既に投資の世界で成功している株式投資の上級者から直接学べるという利点があります。

副業で失敗したとしても、それほど失うものは多くありません。しかし、株式投資で失敗してしまうと、多くの虎の子の資金を失ってしまうことにもなりかねません。副業と投資では、成功したときのリターンも大きく違いますが、失敗したときの被害額も大きく違うのです。

特に、初心者は「どの銘柄を選んでいいのか?」も分からず、何も分からないまま株式投資を始めてしまうと、大火傷することになりかねません。初心者が何も分からずにハイリスクなバイオベンチャー株に投資してしまい、一発で資金の大半を失ってしまうような悲劇は常に起きているのです。

独学で株式投資のスキルを積んでいくのは非常に難しく、多くの時間が掛かるというのが実態です。投資セミナーや投資顧問サービスなどで上級者から効率的に最短ルートで株式投資のノウハウを学べるサービスを使うのは、人生100年時代に必要な投資であると言えます。

デメリット:月額費が掛かる

投資セミナー投資顧問サービス1万円以上のセミナー代や月額費が掛かることが少なくありません。この安くない授業料はデメリットであると言えます。

とはいえ、価値ある情報を手に入れるためには相応の対価を払う必要があるため、この点はデメリットにはならないと言えます。多くの人はプログラミングや英語を学ぶとなると授業料を払うことを出し惜しみしませんが、なぜかお金や投資のスキルを学ぶとなると「タダで有益な情報」を求めます。

株式投資などの投資スキルは、「人生100年時代」を豊かに生きていくためには必須スキルです。投資のスキルを磨けば、投資による収入が本業による収入を超えることも少なくありません。それだけ価値のあるスキルを身に付けるためにお金を払いたくないというのは、情報の価値が判断できないという点で「情報弱者」であると言わざるを得ません。

また、投資顧問サービスは月額費が発生するものの、「価値がない」と判断したら、すぐに解約することも可能です。