投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較

戸松信博の口コミ評価

総合評価 0.0 / 口コミ件 (0.0/5)

満足度信頼度実績
0.0点0.0点0.0点
情報量サポートの質稼げる度
0.0点0.0点0.0点

戸松信博の詳細情報

ポイント

戸松信博は、多くのアナリストを抱えている投資顧問、及び運用会社であるグローバルリンクアドバイザーズ株式会社の代表取締役

戸松信博は中国などの新興株の専門家としてメディア露出の多い人物だが、現在の国内株などでの運用実績は皆無

講師を務めていた「投資の学校プレミアム」や「戸松信博のIPO投資・速習マスタープログラム」の口コミは低評価

戸松信博の経歴

経歴
立教大学社会学部を卒業後、大手レコード会社に就職。
1995年からいち早く中国株に着目して独自で研究をはじめ、その道の第一人者として書籍の出版やメディア露出を大量にするに至る。
現在はグローバルリンクアドバイザーズという会社の代表取締役を務めている。

戸松信博氏は、90年代という早い時点から独自で中国株研究をはじめ、中国やBRICs株といった新興市場株の第一人者として名を馳せた人物です。

このことから、2000年代の中国・BRICs株ブームでは第一人者として新聞・マネー雑誌などそこそこ有力で読者数も多いメディアにも多数露出していました。

現在、戸松信博氏は、マネーポストに日本株を対象にした「戸松信博の明日の爆騰株を探せ!」という記事を掲載しているほか、グローバルリンクアドバイザーズ株式会社という投資顧問・運用会社の代表取締役を務めています。

その経歴の特異さは、銀行や証券会社での勤務を経ることなく独学で中国株の研究を行い投資会社の代表を務めるに至ったことにあります。
これには驚かされますが、逆にそのような経歴の薄さは他の経済アナリストや投資顧問業者に比較して戸松信博氏の能力に対する不信感を生み出す原因とも言えるかもしれません。
実際この点が、以下に記載する評判につながっているのかもしれません。

また、同氏は、2001年にユナイテッドワールドインベストメントジャパン株式会社の取締役に就任し、2004年からは同社において、代表取締役に就任しています。

翌年には同社をMBO(マネジメントバイアウトとは、経営陣よって他の株主から自社株式を買い取り、オーナー経営者となること)し、社名をグローバルリンクアドバイザーズ株式会社に変更しています。
ここから、実質的なオーナーとして経営を行なっているということでしょう。

現在、グローバルリンクアドバイザーズ株式会社は、中国株に加えてベトナム株という新興株式の助言と、米国株の投資助言まで行っています。

 

グローバルリンクアドバイザーズの会社情報を確認してみた

戸松氏が現在代表を務めるグローバルリンクアドバイザーズ株式会社多くのアナリストを抱えている投資顧問、及び運用会社です。

もとはユナイテッドワールドインベストメントジャパン株式会社という会社で、同氏は2001年にこの会社へ取締役として移籍しました。さらに2004年に同社の代表取締役に就任し、2005年に同社をMBO。社名を現在のグローバルリンクアドバイザーズに変更しています。

グローバルリンクアドバイザーズの取り扱い媒体は日本株、外国株、FXです。特に中国株、ベトナム株、米国株については代表取締役である戸松信博氏が投資助言を行っています。また、同社ではファンド組成、運用や投資教育も行っているようです。

 

「戸松信博のIPO投資・速習マスタープログラム」は詐欺!?口コミ・評判を徹底調査

戸松信博氏の評判を調べてみたところ、賛否両論と言えます。

戸松信博氏が代表を務めるグローバルリンクアドバイザーズはアナリスト陣の顔ぶれの豪華さもあってか、まずまずの評判といったところですが、同氏が以前に講師を務めた「戸松信博のIPO投資・速習マスタープログラム」というセミナーの口コミは最悪で炎上状態と言って差し支えありませんでした。

IPOとは新規公開株を公開時に購入し、高値で売り抜けるというものですが、新規公開株は人気の銘柄であれば、公開前からの人気で高値で売り抜けるという期待ができます。しかし、そのような高人気銘柄は高倍率の抽選を経てしか購入できないということが往々にしてあり、さらには値上がりしない、もしくは値下がりするということさえあります。

そんなIPO関連で確実に儲かるなどという誘い文句で新規顧客を獲得しようと煽るのは詐欺っぽいと批評されても仕方のないことのように思われます。

戸松信博の運用実績を検証してみた

戸松信博氏が投資情報サイトに寄稿しているコラムから、彼の実力を測ってみたいと思います。今回は、Yahooファイナンス・投資の達人に寄稿している株価予想コラムのパフォーマンスで確認していきます。

6銘柄という少ない銘柄を対象とした株価予想なのであまり参考になる数値ではありませんが、検証時点のパフォーマンスは勝率83%と好成績です。
※一定の期間が経過するとこのYahooファイナンス・投資の達人のパフォーマンスはリセットされます。

参考情報として過去のパフォーマンスも確認しておきましょう。

176銘柄を対象にした株価予想の結果を確認すると78勝98敗で勝率44%という別の数字が見えてきます。またパフォーマンスは-381.5%という非常に低いパフォーマンスでした。

中国株時代は、確かに高いパフォーマンスを誇っていたのかもしれませんが、それも新興株として景気の上昇に乗ってパフォーマンスを伸ばしただけで、現在の国内株などでの運用実績は皆無といって過言はないのではないのでしょうか

株価予想の実績が全くと言っていいほどに高いわけではないにもかかわらず、戸松信博氏がもてはやされているのは全くもって不思議なところです。

もちろん、これらのデータからだけで彼の能力を総合的に判断することはできませんが、戸松信博氏は上昇する中国株で成長に乗っかって儲けた小銭をメディアに支払って知名度をあげた胡散臭い人物と言われてしまうのも仕方ないのかもしれません。

戸松信博のメルマガを検証してみた

ネット上では戸松信博氏について「メルマガの購読者数が累計3万人超え」という記述をよく見かけます。そこでメルマガについて調査してみたのですが、彼が個人で配信しているメルマガは確認することができませんでした。

購読者3万人超えとはグローバルリンクアドバイザーズで配信しているメルマガのことを指すのかもしれません。これは、個人のメルマガであるようなミスリーディングを誘導するようなもののように感じてしまいます。

また、戸松信博氏が個人で運営しているブログ・Twitter等のSNSも確認されませんでした。昔はテレビなども含むメディア露出の激しかった戸松氏ですが、SNS等を駆使した知名度向上は図っていないようです。

戸松信博の総括

戸松信博氏は前述の通り、中国などの新興株の専門家としてメディア露出の多い人物です。

メディア露出が多いと聞くと、本当にそれに見合った実力のある人物なのか、それともメディアを利用した売名行為でお金を稼ぐ見せかけの人物なのか?という点がどいうしても疑問の生まれるところです。

そことで調査を行ってみました。結果は良い評判、悪い評判そこそこの賛否両論といったところでした。

前述の通り、彼が代表を務めるグローバルリンクアドバーザーズに特に悪い評判は見受けられません。同社は比較的規模の大きい会社ですし、アナリストにもそれなりに実績のある豪華な人物が揃っています。(ただし、どれだけアナリストの顔ぶれが良く、優れた投資助言を行っていても投資顧問業としてのファンド運用の中身まで保証されるわけではないことには注意するべきでしょう。)

一方で、戸松信博氏が講師を務めていた「投資の学校プレミアム」や「戸松信博のIPO投資・速習マスタープログラム」の口コミは酷く、惨憺たるものでした。同セミナーは「確実に儲かる」といった謳い文句で集客を行なっていたようですが、そのような大言壮語は詐欺まがいと受け取られて当然でしょう。

総括として、戸松信博氏は詐欺師といった部類に属すると言い切れるほどの人物ではありませんでしたが、運用実績などからどうしても全面的に鵜呑みにできる人物でもない、と言えます。

これは、同氏が代表を務めるグローバルリンクアドバイザーズについても同様でしょう。
利用を検討される際は事前に情報をしっかりと集め、同様のサービスとよく比較した上で決めることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戸松信博の口コミ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2ちゃんねるでの評判

ツイッターでの評判

 

関連サービスの評判