投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較

北川博文の口コミ評価

総合評価 0.0 / 口コミ件 (0.0/5)

満足度信頼度実績
0.0点0.0点0.0点
情報量サポートの質稼げる度
0.0点0.0点0.0点

北川博文の詳細情報

ポイント

北川博文は元ひまわり証券代表であり、現在はサラインベストメントサービス株式会社の代表を務めている

サラインベストメントサービス株式会社は金商登録済みの企業であり、セミナーの開催や情報商材の販売、システムトレードのシグナル配信を行っている

北川博文が代表を務めるインベストメントサービス株式会社は、開催しているセミナーに経歴詐称や名誉棄損などで裁判沙汰を起こしているウルフ村田を起用している

サラインベストメント株式会社の概要

会社名サラインベストメントサービス株式会社
URLhttp://is-sala.com/
責任者名北川 博文
電話番号03-5793-3858
メール記載なし
住所東京都品川区北品川5-12-5 御殿山101ビル2F
IPアドレス112.78.117.16
金商関東財務局長(金商)第2899号

 

運営代表者:北川博文の経歴

北川博文氏について調べてみると「元ひまわり証券」の代表という経歴を持っていることがわかりました。悪徳サイトの中には投資の素人が運営している場合もあるので、証券会社にて勤務経験のある人が代表になっていると少し安心してしまいます。

北川博文が在籍していたひまわり証券は金融商品取引業者として以下の業務を主に行っていました。

外国為替証拠金取引
証券事業(日経225先物・オプション取引など証券デリバティブ取引がメイン)

上記の証券事業が中核を担っていたものの黒字経営が難しい状況が続きます。その上、東日本大震災を契機に日経平均株価指数の急落。顧客が損失を抱える事態から多額の立替金が発生。結果的に株価指数先物・オプション取引、現物株式取引、信用取引、投資信託、大証FX事業を撤退しました。

ひまわり証券を退社した時期は不明ですが、2014年4月に独立。サラインベストメントサービス株式会社の代表取締役に着任しています。

システムトレードを主軸とした企業ですが、証券会社の代表としての経歴から実際に現場で分析・投資助言を行っていたとは考えにくいです。素人が運営しているよりよっぽどマシですが、経歴がサイトの実力にどれほど影響を持っているのかは疑問です。

一方で「北川博文の相場の独り言」というブログの運営も行っているようです。ブログを運営していると利用者に近いイメージを抱きますが、果たして有益なサイトとなっているのでしょうか。

 

サラインベストメント株式会社の会社情報を確認してみた

北川博文氏が代表を務めているサラインベストメントサービス株式会社は金商登録済みの企業でした。(関東財務局長(金商)第2899号)
システムトレードのシグナル配信を主に行っていますが、セミナーの開催や情報商材の販売も行っています。

サラインベストメントサービスは「販売サイト」という位置付けのため、「特商法に関する表記」という会社情報だけでなく分析者などの細かい項目についても掲載が必要。ところが、分析者の名前には何も書かれていませんでした。おそらく運営代表者の北川博文氏だと考えられます。

 

サラインベストメント株式会社は詐欺!?口コミ・評判を徹底調査

北川博文氏が代表を務めるサラインベストメントサービス株式会社はセミナーの開催や情報商材の販売など投資関連の事業をいくつか行なっています。

気になる評判はというと、情報商材が非常に嘘くさいため、北川博文氏自身の評判も落ちているようです。元ひまわり証券代表者の肩書きがあるにも関わらず、信頼されていないようです。

後述しますが、サラインベストメントサービス株式会社が開催しているセミナーにはウルフ村田氏を起用しています。ウルフ村田氏といえば、経歴詐称や名誉毀損など裁判沙汰になっている人物。一部で詐欺師とも呼ばれています。

とても信頼できない人物をセミナー講師に抜擢しているところから、サラインベストメントサービス株式会社および北川博文氏の評判も悪くなっているようです。

サラインベストメント株式会社を登録してみた

北川博文の相場の独り言」にはサラインベストメントサービス株式会社代表の休憩室という文言も掲載されていて、会社のPRの一部を兼ねているようです。

相場についてのコラムを掲載しているのを想像していましたが、システムトレードを使った実績とコメントを掲載してありました。

サラインベストメントサービスの料金形態は?

セミナー費用や情報商材の費用については情報をつかめませんでしたが、口コミを調べてみると「講習代が高額」と掲載されているのを見つけました。

サラインベストメント株式会社の有料コンテンツを検証してみた

サラインベストメントサービス株式会社は上記のブログで掲載していたシステムトレードによるシグナルを配信を行っています。

システムトレードの対象は以下の通り。

  • 個別株式
  • 日経225先物
  • オプション
  • 商品先物

肝心のシステムトレードのロジックについては明確に説明されていませんでしたが、対象ごとにロジックを変えているように思えます。

市場が大きい株価指数や商品先物は同じロジックを使うことができるかもしれませんが、イレギュラーな値動きもありうる小型株などの値動きに対応できません。1つのシステムトレードで複数の対象を運用しているものもありますが、サラインベストメントサービスのシステムトレードにおいてはその心配はなさそうです。

システムトレードのシグナル配信の他には、セミナー「サラトレーダーズサロン」の運営や動画配信を行っています。

 

サラトレーダーズサロンHP

 

会員向け配信動画

サラトレーダーズサロンは自社スタッフによるセミナーの他に、外部から講師を招いて実施されています。過去には詐欺師として名高い「ウルフ村田」を講師に招いてセミナーを開催していました。セミナーは直近で2017年8月に行われていたようです。2017年後半の株価予想するという内容。

また、情報商材も販売しており、運営代表者の北川博文氏もプレゼンターとして登場しています。

情報商材の内容ですが、システムトレードのシグナル配信を情報商材にて行うというもので、真新しい内容ではありません。口コミにあったように、かなり怪しい感じの情報商材です。被害者が北川博文氏の評判が落ちるのも納得できますね。

サラインベストメントサービス株式会社の主な業務はシステムトレードのシグナル配信で、セミナーや情報商材に応用させているとみていいでしょう。裁判沙汰になったり、詐欺被害が報告されているウルフ村田氏を講師にしているのは危険な気もしますが、知名度があるのも確かです。

サラインベストメント株式会社の運用実績を検証してみた

サラインベストメントサービス株式会社のシグナル配信の履歴が掲載されているので、検証してみたいと思います。

 

エムケイシステム(3910)

エムケイシステムは、社会保険労務士事務所、労働保険事務組合に向けたASPサービスの提供や子会社の業務として人事総務事業を行っています。

平成29年3月期には株式会社ビジネスネットコーポレーションの株式の8割近くを取得し連結子会社化しています。第3四半期連結会計期間から既存の社労夢事業に加えて、人事総務関連業務をより幅広くカバーするCuBe事業をスタート。

当連結会計年度の業績は以下の通りとなりました。

  • 売上高1,600,787千円
  • 営業利益414,800千円
  • 経常利益413,900千円
  • 子会社の当期純利益259,496千円

 

平成30年3月期の業績予想は以下の通りです。

  • 売上高2,015百万円(前期比25.9%増)
  • 営業利益457百万 円(前期比10.4%増)
  • 経常利益455百万円(前期比10.1%増)
  • 子会社からの当期純利益292百万円(前期比12.8%増)

 

翌年度3月期では法人向け営業・開発部門を強化して、一般法人市場の顧客獲得と、社労夢事業のASPサービス向上に向け「社労夢」シリーズの機能強化や社会保険労務士市場の深耕を継続。

人事総務関連業務に関連したCuBe事業で大企業に向けた製品を受託開発ビジネス、クラウド型パッケージサービスの開発に向けて投資していく考え。受託開発ビジネスの顧客は大手企業の人事総務主なので、売り上げは平成30年度上半期に期待できるようです。

サラインベストメントサービスからシグナル配信されたのは2016年6月22日です。

25日移動平均線と株価、買いシグナル配信のタイミングから少なくとも2種類以上のサインでシグナルを出しているようです。MACDは周知の通り、他のオシレーター系インジケーターよりサインが遅れる性質があります。おそらく反映されていると思われます。結果的にシグナル通りに取引すると損切りになってしまいました。

25日移動平均線の上抜けは前日から起きていて、購入日の6月22日も寄付きから上抜けしました。ストキャスティクスの%Kが%Dのゴールデンクロスしています。MACDラインもシグナルも上抜ける水準まで到達。

買いシグナルを配信した時点で緩やかに三角持合が形成されています。上値が切り下がっている状態のまま、1σボリンジャーバンドを抜けています。売りが売りを呼ぶような状況。
25日移動平均線を下回り、MACD、ストキャスティクスともデッドクロスしている時点で売りシグナルが配信されてもおかしくありませんが、このタイミングよりも後に配信されています。

決済日の8月12日は-3σボリンジャーバンドから離れ、MACDとシグナルは乖離が一番大きい水準、%Kは%Dに下から向かっています。売りシグナルの配信タイミングで逆張りしているトレーダーもいたかもしれません。

情報商材について

シグナル配信が内容になっている情報商材ですが、パッケージといい、プロモーションサイトもかなり胡散臭いです。

抽象的な表現で説明してあるので、詳しい仕組みなどはわかりません。誠実さの感じられない文章が並び、最後に「無料でレクチャー」という文言でシステムトレードについて詳しくない初心者を煽っているようにも思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

北川博文の口コミ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2ちゃんねるでの評判

ツイッターでの評判

関連サービスの評判