投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較

久世誠のAll Winner Projectの口コミ評価

総合評価 0.0 / 口コミ件 (0.0/5)

満足度信頼度実績
0.0点0.0点0.0点
情報量サポートの質稼げる度
0.0点0.0点0.0点

久世誠のAll Winner Projectの詳細情報

ポイント

代表である佐々木亮太については、久世誠のAll Winner Projectのサイトの中で説明が一切されていない

所在地として記載されている神奈川県川崎市幸区古市場2丁目75番地にあるのは一般的なマンションであり、株式会社ホムテルスはマンションの一室で運営している

久世誠のAll Winner Projectとは、情報商材やネットビジネスで損害を受けた人を対象にして会員を募り、集まった会員に「FXのPAMM」という情報商材を販売するプロジェクト

久世誠のAll Winner Projectの概要

サイト名久世誠のAll Winner Project
URLhttp://all-winner-project.com/lp/1/
運営会社株式会社ホムテルス
所在地〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目75番地
運営責任者佐々木亮太
MAILawp@ll-winner-project.com
電話番号090-3089-533

 

運営代表者:佐々木亮太の経歴

今まで検証してきた投資顧問サイトとは会員から儲けを集める方法が全く異なります。「久世誠のAll Winner Project」は「株式会社ホムテルス」によって運営され、佐々木亮太という人物が代表者を務めています。

プロジェクトの内容や有料コンテンツへの誘導が悪い意味で革新的なのでどんな人が運営しているのか気になるところです。しかし、久世誠のAll Winner Projectのサイトの中には佐々木亮太氏についての説明は掲載されていませんでした。

 

久世誠のAll Winner Projectの会社情報を確認してみた

久世誠のAll Winner Projectの運営会社である株式会社ホムテルスはどのような企業なのでしょうか。サイト上には特商法に関する表記の項目はありますが、運営会社や運営代表者名を掲載していませんでした。特商法に関する表記の項目があるにも関わらず、内容が記載していないところは不信感を覚えます。

調べを進めてみると、会社所在地が判明したので、検証してみました。「特定商取引法の表記」によると会社所在地は「東京都目黒区大橋1-6-16-506」です。Googleストリートビューで確認してみたところ、以下の物件が該当しました。

オフィスビルではなくマンションの一室で運営されているようです。

 

久世誠のAll Winner Projectは詐欺!?口コミ・評判を徹底調査

会員募集紹介ページによると、参加者は350人以上に登るそうです。

口コミや評判について調べてみると、

「詐欺だった」
「騙された、返金してほしい」

と言った書き込みがほとんどです。プロモーションとは全く違った評判ですが、一体どう言った運営がされているのでしょうか。

久世誠のAll Winner Projectを登録してみた

久世誠のAll Winner Projectとは情報商材やネットビジネスで損害を受けた人を対象にして会員を募っています。ネットビジネス被害者の会」という聞きなれない組織のようなものに推薦されたとのこと。情報商材の一つという位置付けです。

情報商材を購入したけれど、商品やサポートなどの質が低く、購入代金に見合っていないものに対して返金させるもののようです。消費者金融への過払い請求のような感じですが、サイト全体を見ても、会員ページを確認しても、具体的な方法については記載されていません。

会員は募集定員があるそうですが350人以上参加しているようです。

会員に振り込まれるという「救済金」は累計で589,135,900円にも上るそうですが、証拠になりそうなものは掲載されておらず、嘘の情報の可能性があります。救済金の出所ですが、今までネットビジネス被害者のために積み立ててきたものだそうです。

プロジェクトの詳細ですが、具体性のない説明が羅列されています。

なにもしなくても、ただ待っているだけで毎月100万円の救済金が振り込まれる「被害者救済プログラム」
ネットビジネスに費やしたお金があなたに全額返金される
毎月100万円を超える救済金が自動的に振り込まれる
参加者350名全員が笑顔に「本当に参加してよかった」と喜びの声が続出

募集定員に達し次第、サイトは閉鎖。次回は2019年の夏頃に募集を開始するとのこと。

タイマーを設置したり、閲覧者を煽っている印象を持ちます。さらに、情報商材を買ったことがある人はこの「久世誠のAll Winner Projectに参加しなければならない」と強めの口調で明記してあります。

その理由としては以下の3点だそうです。

  • 75日以内に参加者の98.2%に100万円振り込まれる
  • 何もしなくても毎月100万円の振込が確定される
  • 学科的な資産分配法のルーツだから。

振込が確定されるとしていますが、「参加者の98.2%」とも書かれています。1.8%の人には振り込まれないということでしょうか。

プロジェクトの参加方法ですがサイト内のにある専用フォームから登録を行います。
会員になると以下のページが表示されました。

最初の動画ではプロジェクトの概要について説明されましたが、肝心なことは説明されず、投資対象や参加費用についてわかりませんでした。何本かの動画が公開されていくそうです。

久世誠のAll Winner Projectの料金形態は?

「久世誠のAll Winner Project」自体は無料で会員に登録できるようです。しかし、その裏には「実際に100万円を得るためにはあるソフトを購入する」必要があることがわかりました。

久世誠のAll Winner Projectの会員に勧められるという「PAMMソフト」は初期投資に10万円と月額使用料を49,200円が必要です。

久世誠のAll Winner Projectの無料コンテンツを検証してみた

サイト内では情報配信などの無料コンテンツありませんでした。メルマガの配信もありません。あくまで集客するためのサイトということでしょう。

久世誠のAll Winner Projectの有料コンテンツを検証してみた

久世誠のAll Winner Projectに登録する自体は無料のようです。しかし、情報商材やネットビジネスで損害を被った人を集めた先には有料情報商材を販売していることが判明しました。

「FXのPAMM」について

FXのPAMM」とは、第三者のトレード内容を複数の会員のトレード内容に反映されるシステムのこと。プラットホーム上で第三者が行なっている取引内容が自分のアカウントの取引に反映されます。簡単に言うと、第三者と同じ取引をそっくりそのまま行う仕組みになっています。

久世誠のAll Winner Projectは「何もしなくても」100万円振り込まれると宣伝して会員を募集しています。「FXのPAMM」を利用すれば最初に自分の情報を登録するだけで、実際の取引は第三者によって行われ、自分で取引する必要がありません。

しかし、この問題点は、第三者の取引を顧客のアカウントに反映することが日本では禁止されている手法であるということ。会員の中には禁止されていることに気がつかずに利用してしまった人もいたと思われます。

その上、PAMMソフトは初期投資に10万円と月額使用料を49,200円が必要です。

久世誠のAll Winner Projectで集まった会員に「FXのPAMM」を販売して、会員自身で100万円稼がせるというプロジェクトのようです。もしも問い合わせたら「支払ったお金も毎月100万円の利益を上げていけばプラスになる」と言われてしまいそうな気がします。

毎月100万円を得て支払った初期投資や月額費もプラスにしていくためには、月利900%というパフォーマンスを継続しないといけません。現実にはあり得ないようなパフォーマンスです。FXはレバレッジを大きくかけたら利益も大きく膨らみますが、損失が出た場合も大きいものになります。そこまでのリスクに気がつかないで購入してしまった人もいるでしょう。

久世誠のAll Winner Projectに参加するためには会員費など発生しないはず。情報商材やネットビジネスで損失を出した人が藁にもすがる思いで入会した先が、日本で禁止されていてリスクの高い情報商材を売り込まれたという結末だったらあまりにも酷すぎます。

久世誠のAll Winner Projectのサポート体制を検証してみた

サイト内ではサポートについて明記されていませんでした。特定商取引法の表記ページに問い合せ先の電話番号とメールアドレスが掲載されているのみです。

かなり悪質な方法で集客・情報商材の販売を行なっているので、問い合わせにまともに返答するとは思えません。

久世誠のAll Winner Projectの運用実績を検証してみた

サイト内で運用実績について掲載されていませんでした。

プロジェクトの監修者である久世誠(くせまこと)氏の経歴

サイトの中にはプロジェクトの監修者である「久世誠(くせまこと)」の経歴について掲載されていました。

京都大学卒業、富士銀行、現在のみずほ銀行に就職します。24年間務め支店長への昇進や社内賞を複数受賞し、役員への昇格もほぼ確定だったそうです。しかし、2009年にある事件の濡れ衣を着せられ、退職に追い込まれます。一時は精神的に追い詰められ、自殺も考えるほどだったそうですが、事件に関連した人物の支援もあり2010年にビジネスを開始したそうです。久世誠氏の年収は5億円、久世誠のAll Winner Projectへの配分は58億円以上にものぼるそうです。

今回検証した内容からは「多くの人を助ける」「悪質なネットビジネスの流通を止める」というプロフィールなどで紹介されていたような利他的な人物のようには思えません。一度ネットビジネスや情報商材で被害を受けた人はまた騙せると踏んで集客しているような人物でしょう。しかも日本では禁止されている手法での投資を勧めてくるのはかなり悪質です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

久世誠のAll Winner Projectの口コミ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2ちゃんねるでの評判

ツイッターでの評判

関連サービスの評判