投資顧問検証NAVI|信頼性や稼げる度から比較

今福博文の口コミ評価

総合評価 0.0 / 口コミ件 (0.0/5)

満足度信頼度実績
0.0点0.0点0.0点
情報量サポートの質稼げる度
0.0点0.0点0.0点

今福博文の詳細情報

ポイント

代表である今福博文は証券会社で働いた経験はなく、金融機関に勤務していた経歴も存在していない

所在地として記載されている愛知県一宮市萩原町萩原字西大畔20は田んぼに囲まれた民家になっており、デイボード株式投資顧問は一軒家で運営を行っている

デイボード株式投資顧問のサイト上に掲載されている実績には、証拠を裏付ける口コミや評判がない

デイボード株式投資顧問の概要

会社名デイボード株式投資顧問
URLhttp://dayboardinvest.jp/
責任者名今福博文
電話番号050-3497-9519
メール記載なし
住所愛知県一宮市萩原町萩原字西大畔20
IPアドレス219.94.155.245

 

運営代表者:今福博文の経歴

今福博文氏は「デイボード株式投資顧問」の運営代表者を務めている人物です。今福氏に関しては簡単なプロフィールが「みんなの株式」に記載されているため、引用します。

『デイボード株式投資顧問代表。2008年から株式銘柄情報配信・日経225先物シグナル配信・自動売買を独自のテクニカル分析で行い投資家様に情報を配信中。自動売買ソフト自社開発。NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員 認定テクニカルアナリスト。』

経歴を鑑みるかぎり、今福氏は証券会社で働いた経験はなく、金融機関に勤務していた経歴も存在していない模様です。

金融機関に務めていた人物であれば人脈にも期待が持てるところですが、今福氏に関しては証券会社などに勤めた経験がないため、人脈には期待できません。経歴としては、誇れるものではないことが分かります。

デイボード株式投資顧問の会社情報を確認してみた

今福博文氏が運営代表者を務めている「デイボード株式投資顧問」のサイトを見るかぎり、サイトデザインは古臭い印象で、わりと歴史のあるサイトであるように感じられました。

そこで「デイボード株式投資顧問」のドメイン取得日を検索したところ、「2008年5月14日」となっており、検証時点ではサイトの開設日から10年ほどが経過していることが分かりました。サイトの開設日としては、サイトに受けた印象に沿ったものであることが理解できます。

続いて所在地として掲載されている「愛知県一宮市萩原町萩原字西大畔20」を検証したところ、衝撃な事実があることに気がつきました。所在地となっているのは田んぼに囲まれている民家であり、画像を見るかぎり個人レベルで運営しているようでした。会社の所在地が一軒家であるという事実は理解に苦しむものになっています。

 

デイボード株式投資顧問は詐欺!?口コミ・評判を徹底調査

「デイボード株式投資顧問」は今福氏が運営代表者を務めている会社です。株式投資や日経225先物、FXやマーケット情報などを提供している模様です。

同時にサービスとして自動売買ソフトの販売も行っているようですが、実際の利用者から寄せられた口コミを見るかぎりでは、「デイボード株式投資顧問」に対する利用者の印象はけっして良いものではないことが分かります。

下記に一部を抜粋してご紹介すると、

「むかし一度利用して大損して以来記憶から抹消していましたが、今思い返しても何処にもぶつけのない怒りが沸々と込み上げてきます。」
「最初は良い感じに稼げると思ったけど、最初だけでその後は全然ダメ。タイミング良いと稼げる(運任せ)かもですが、基本的にここは稼げません。」

などといった口コミが見受けられました。どれも評価できる内容ではなく、悪評と言えるものになっていました。

デイボード株式投資顧問を登録してみた

検証したところ、「デイボード株式投資顧問」には無料会員登録の制度が用意されていないようでした。そのため、無料で会員登録を行うことはできない模様です。

また、ホームページを検証したかぎりでは、「デイボード株式投資顧問」が販売している自動売買ソフトの体験版なども提供されていないようです。「デイボード株式投資顧問」には様々な悪評が寄せられているため、無料コンテンツを経ずに有料サービスを利用するのは気が引ける状況になっています。

ホームページからは特に怪しい印象といったものは受けません。コンテンツの配置も分かりやすいもので、清潔感すら受けるデザインになっています。しかし、サイトには古臭さも感じるため、デザインに関しての検証も行いたいと思います。また、自動売買ソフトの説明なども動画にて行っている模様です。

デイボード株式投資顧問の料金形態は?

「デイボード株式投資顧問」は複数の有料コンテンツを提供しているようです。
検証したかぎりでは、2種類の自動売買ソフト個別銘柄情報配信サービスを提供していると思われます。

自動売買ソフト「日経225先物自動売買 錢亀225」利用料金3ヶ月/4万9,800円
自動売買ソフト「裁定取引自動売買 錢亀NT」利用料金3ヶ月/2万9,400円
スイングトレードの短期上昇メールマガジン半年契約のみ/3万1,500円

すべてのコンテンツに共通して言えることですが、「デイボード株式投資顧問」が提供している有料コンテンツの料金形態は比較的高めに設定されています。利用自体も3ヶ月の契約が最低になっているため、利用にはある程度の覚悟が必要であると思われます。

デイボード株式投資顧問の無料コンテンツを検証してみた

「デイボード株式投資顧問」は無料会員登録の募集や自動売買ソフトの無料体験版などの提供は実施していない模様です。

ただし、無料コンテンツとして無料メルマガの配信が用意されているようです。
メルマガの内容としては、株式投資や日経225先物、FXなどの情報、無料銘柄情報の配信となっている模様です。

登録方法は専用フォームにメールマガジンと氏名を記入するだけと簡単なので、早速登録を行いました。「デイボード株式投資顧問」に関しては悪評が目立つ状態であったため、以前から注目はしていました。そのため、登録自体は二ヵ月前に済ませていました。

メルマガは一週間に一度配信されることが確認できましたが、サイトにサービスとして記載されていた無料銘柄情報の配信は確認できず、内容はすべて有料コンテンツの宣伝となっていました。そのため、利用価値はありません。

デイボード株式投資顧問の有料コンテンツを検証してみた

「デイボード株式投資顧問」は上記の通り、三種類の有料コンテンツを提供しています。
内訳は二種類の自動売買ソフト個別銘柄情報配信サービスになっています。

 

自動ソフト「日経225先物自動売買 錢亀225」

ソフトを起動し続けるだけでソフトが自動売買を行うため、相場の勉強を実施する必要がないコンテンツであるとされています。
「デイボード株式投資顧問」のサイトにはおよそ5年で7413万円稼いだ実績があるとされていますが、それが真実であれば利用者が殺到しているはずであるため、信憑性は感じられません。

 

自動ソフト「裁定取引自動売買 錢亀NT」

会員の区分はミニ3セット版・ミニ5セット版・large1セット版と分かれており、最も安価なセットでも3ヶ月2万9,400円と多少割高になっています。

 

スイングトレードの短期上昇メールマガジン

週に一度3銘柄を配信してくれるサービスのようですが、こちらも半年契約のみで3万1,500円と高額になっています。

デイボード株式投資顧問のサポート体制を検証してみた

「デイボード株式投資顧問」にはサポート体制が存在している模様ですが、あり方が少々特殊になっています。

メールと電話において対応を実施しており、メールと電話でのサポートは平日13時~18時、電話のみのサポートは月曜日~木曜日の21時~24時となっています。日中仕事などで忙しく、連絡ができない人にはうってつけのサポートなのではないでしょうか。

しかし、会員期間中であればメールと電話によるサポートは回数無制限の模様ですが、電話の場合は一回十分以内の制限が設けられているようです。

「デイボード株式投資顧問」のサイトには「多くのお客様のサポートをお待たせすることになるため」といった理由が記載されているものの、それほどの数の会員が果たして存在するかは疑問に感じます。サポートスタッフも少数であるようです。

デイボード株式投資顧問の運用実績を検証してみた

「デイボード株式投資顧問」の運用実績から、今回は日本製紙(3863)を検証していきたいと思います。

「デイボード株式投資顧問」が日本製紙を推奨していたのは2015年4月6日号です。ここにおいては翌日寄付き値と記載されているため、4月7日の始値が表記されていますが、どのようなタイミングでサイトに記載されたのかは分からないようになっています。

4月6日時点で、翌日の寄付きを的中させることが可能であるとは想像しがたいためです。3月26日の安値である4月7日にシグナルは、値である窓の上限を上抜けたためと思われます。

また、25日は移動平均線、一目均衡表の雲にも下から突入した日にもなっています。直近安値である4月2日を起点にした場合、4月7日は目先の9日目変化日である4月15日まで間もあります。

「デイボード株式投資顧問」のサイトには1ヶ月後の高値ということで2010円と表記されていますが、こちらは意味不明となっています。実際は2010円の高値を取ったのは4月17日であり、4月7日から数えると9営業日しか経過していないことになります。

4月17日は、窓の下限である3月10日の高値が上値抵抗となっており、ここでシグナルが出ていてもおかしくはありません。1週間のスイングをおおむね基本スタイルとしているとサイトにはあるため、水準としては当てはまります。

ただ、4月17日から24日までは上値こそ阻まれるものの底堅かったので、5月12日のようにブレイクが起きても不思議ではない地合いとなっていました。この日は17日目の変化日であり、3月6日の高値というターゲットが分かりそうなものですが、システム売買となると4月17日のような一旦の上限で仕切ってしまう状態になっています。手堅いですが、利益の取りこぼしをする可能性は十分に考えられます。

デイボード株式投資顧問の検証結果を総括する

今福博文氏は「デイボード株式投資顧問」の運営代表者を務めている人物でした。

「デイボード株式投資顧問」に関してはネット上に悪評が溢れており、利用者による感想も悪罵が入り混じっています。「デイボード株式投資顧問」はサイト内において実績があると豪語していますが、その割には悪評が絶えず、利用者の信頼を集めている様子は確認できません。

また、サポートも充実していると謳われていますが、「デイボード株式投資顧問」の所在地は一軒家であり、個人レベルで運営を行っていることは明白となっています。もしくは、架空の住所を記載している可能性も十分に考えられるものになっています。

「デイボード株式投資顧問」には悪評が目立つため、利用は避けるのが賢明ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今福博文の口コミ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2ちゃんねるでの評判

ツイッターでの評判

関連サービスの評判